2011年5月の日々のことリスト

バレリーナ・ローズ

2011年5月31日

3151.jpg

1998年 バレリーナ・ローズは
ミセス・ターナーの庭で
風に揺られて躍っていた。

一目惚れだった。

大好きだと伝えると
ブーケにして「どうぞ」とくれた。


2000年 帰国して一番先に買い求めた花。

毎年 バレリーナ・ローズが咲き始めると
何となく心が躍る。

いつもは淋しげな庭の北西花壇に行くのが
楽しみになる。

2011年 私は今年も筆をとっては
大好きなバレリーナ・ローズを描き
写真を撮ってはミセス・ターナーに送るのだ。

小さなクレマチス

2011年5月30日

3124.jpg

雨が降り続く中
庭では小さなクレマチスが
しっとり咲いています。

今日も・・・

2011年5月26日

3003.jpg

今日の写真も
庭に咲くイングリッシュ・ローズ。

だって あまりにも
可憐でかわいくて魅力的だから!

残念ながら
明日からの天気は雨模様。

濡れて散ってしまう前に
摘んで家に飾ります。

3001.jpg

久しぶりに朝から快晴。

庭では
大輪のイングリッシュ・ローズが
甘い香りを放っています。

2886.jpg

・・・前回の
ミセス・ホップウッドからの便りは

昨日このブログで紹介した
『教会設立200周年記念』のことや
次々に咲く庭の花のこと、
素晴らしい天候が続くこと、

そしてイースターエッグ!のこと。

教会のバザー用に
又はお孫さんに渡すために
たくさん作っているそうで・・・

「ただ、
 日本にイースターエッグを
 送るわけにはいかないでしょう?!」

ってことで 娘に送ってくれたのが
イースターエッグのキンキラシール!

何度でも貼ってはがせるのが楽しいみたいです。

2932.jpg

先週 英国ヨークシャーに住む
ミセス・ホップウッドへ手紙を送りました。

彼女からの手紙に
" Meanwood Methodist 教会設立200周年を記念し
  6月に『フラワーフェスティバル』を催するの。"
とありました。


滞英中に一度
別の教会の『フラワーフェスティバル』なるものに
連れて行ってもらったことがあります。

それはそれは美しく・・・
厳かな教会入口・礼拝堂・ホール・階段など
ありとあらゆる所が
やさしい色合いの可憐な花々で飾られていました。


今回は
長年ミセス・ホップウッドが所属する教会での
『フラワーフェスティバル』ということで
彼女の手紙は少し興奮気味!

礼拝堂にあるいくつかの大きな出窓は全て
担当制で思い思いに飾るそうで
ホップウッドさんが担当する窓は
ぜひ「日本風」にしたいとのこと。

そこで、
"以前もらったことのある折り鶴を
 もう少し送ってくれないかしら?"
との要望がありました。

もちろん!


彼女のアイデアでは
生け花風アレンジメントと折り鶴を合わせ
私がよく送っている日本の新聞なども飾るみたい。

ぜひ、仕上がりを見てみたいものです!


そうそう、英国へ送った折り鶴の中に
娘が折った小箱(3つ)も入れたんだけど
ホップウッドさん気付いてくれるかな?
使ってくれるかな?

クレマチス

2011年5月19日

2979.jpg

日中は暑くなりそうな予感の今朝
庭のクレマチスが咲き始めました。

草花舎!

2011年5月18日

2990.jpg

京都は西陣にある「なかいきんし」中井様が
「草花舎」看板を作って下さりました。

とても器用な方で蕎麦打ち名人にして
机・本棚・なんでもござれ!創作されます。

今回、この様なうれしいご好意を頂戴して
本当に幸せなことです・・・。

引き戸玄関前の軒下、もしくは
玄関ホールに設置したいと思います。

何だかやる気が出てきますね!

バラ

2011年5月17日

2972.jpg

庭のバラが
いよいよ咲き始めました。

いちご

2011年5月16日

2966.jpg

ほんのり赤くなり
一番収穫を狙ってた苺が
鳥に・・・食べられた!

急いで
ホームセンター「コーナン」へ。

『鳥さんこないネット』を購入し
取りつけました。

もう食べないで!

神戸・布引ハーブ園

2011年5月14日

2949.jpg

五月晴れの土曜日
神戸・布引ハーブ園へ。

園内にあるショップ『 Herbal Market 』様に
草花舎商品を置いていただいています。

中でも一筆箋『 Lovely Wild Flowers 』
『 Favorite Poppies 』あたりが好評で
封筒も順調な売れ行きでした!

神戸へお出かけの際は
ぜひ一度お立ち寄り下さい。

可愛らしいハーブ商品並ぶステキなお店です。

新緑に包まれた六甲山をロープウエイで上り
眺める景色は素晴らしく 神戸港まで見渡せました。

お花のケーキ

2011年5月13日

2896.jpg

先週、知り合いの方から
このような「お花のケーキ」を頂戴しました。

正式名は『セロシアキャンドルケーキ』というそうで
水やりをしながら育てています。

戴いてから ちょうど一週間ほど。
確実にお花が育っています!

飾って楽し 見て楽し 育てて楽し。

母の日がずっと続いているような・・・
うれしい華やかな気分!です。

雨の庭

2011年5月12日

2902.jpg

今日も降り続く雨・雨・雨・・・。

庭の苔は生き生きとし
木々の新緑はぐんぐん伸び

ここ2 , 3日で庭の雰囲気が
ガラリと変わった気がします。

2674.jpg

・・・到着しました。清水寺。

絶景ですね。
新緑に包まれた清水の舞台。

何度来ても
何度見ても
感動する景色です。

2619.jpg

雨・雨・雨・・・ですね。

気分転換に
先週 行ってきた清水のはなしを。


車は いつもお決まりの
清水坂・東大路通り沿い駐車場に止めます。

ゆっくり坂を上っていくと
観光客が増えてきて とっても賑やか。

まず立ち寄るのは もちろん
清水坂左手にある『森陶器館』様。

入口入ってすぐのところに
草花舎商品が並びます!

何と何と 便箋と封筒
素敵な「オリジナルセット」にして
販売してくれていました。

担当の河田さんのセンスに脱帽です。

楽しくお話させて頂いて
お礼を申し上げた後は・・・

向かいにある『森陶器館・別館』にて
きゅうりのお漬物を購入。

きゅうり丸ごと一本が割り箸に刺さってあり
食べながら歩いてる人がちらほら。

あまりの美味しさに
あっという間に平らげて
ますます元気満々。

さぁ、いざ清水寺へ!

まだかな?

2011年5月10日

2725.jpg

庭のいちご。
「まだかな?まだかな?」
早く あかく甘~い苺になあれ!

白椿

2011年5月 9日

2748.jpg

庭の白椿。
最後の一輪。
凛と咲いています。

ハウチワカエデ

2011年5月 7日

2722.jpg

ただいま庭では
草取りとカイガラムシ退治に
大忙し。

梅の新芽はさぞ美味しいのでしょう
とかく虫に狙われやすいので
注意していたのですが
枝を油断してました・・・。

ふと見るとカイガラムシがびっしり!

カイガラムシは一度付いてしまうと
あとはもう一つ一つ潰していくしかないので
見つけてはひたすら除去しています。

あまり続けてすると肩が張るので
合間に草むしり。

ふと見上げると
ハウチワカエデにかわいい花がぶら下がっています。

すっかり大きくなった葉の下で
初夏の風に揺られています。

落柿舎

2011年5月 6日

2854.jpg

・・・その後
大河内山荘から歩いて落柿舎へ。

いいですよね。この風景。
大好きです。
ずっとこのままで・・・と願います。

柿主や梢はちかきあらし山  去来

大河内山荘

2011年5月 5日

2822.jpg

京都・嵐山に到着後
渡月橋を渡り
ボート客一番乗り!

川上へ漕ぎ出で 戻ってくるまでの一時間
涼しい川面から 嵐山新緑をたっぷり満喫。

その後 大河内山荘へ。
この写真左側には嵐山を借景にした
壮大な景色が広がります。

思ったより人は少なく
ゆっくり庭園を巡り
美味しい御抹茶を戴きました。

京都・嵐山

2011年5月 4日

2780.jpg

朝8時に家を出て
目指すは京都・嵐山!

丸太町通りをひたすら西へ走っていく?
いえいえ お気に入りのコースは少し違います。

北大路通りを西突きあたりまで走り 道なりに南へ。
「金閣寺」の前を通り 「龍安寺」を右手に
新緑に囲まれた道を快適に進みます。

次に見えてくるのは「仁和寺」。
徒然草『仁和寺に ある法師・・・』を思い浮かべながら
まだまだまっすぐ道なりに進んでいくと

一気に田園風景広がる景色に早変わり!

そして 右手前方に見えてくるのは
大覚寺東に位置する「広沢池」。

観月の池と知られるのが納得の
ゆったりのんびりした静かな風景が続きます。
まるでタイムスリップしたかのような気分・・・。

そうこうするうちに突きあたりを左へ曲がり
高架道路を渡り終えると もうそこは 嵐山!

そう、この渡月橋が迎えてくれます。

ライラック

2011年5月 3日

2711.jpg

5月、曇り空の下
庭のライラックが咲いています。

2697.jpg

昨日 少し触れたポストカードブック
『京都大原の里 草花と実り』
(初版発行2003年 青幻舎 刊)について。

残念ながら今は売り切れ絶版となり
手に入らない状態なのですが
いずれ草花舎より
ポストカードセットとして
販売できればいいなと思っています。

現在発売中のポストカードセット

英国ヨークシャー想い出の花~春・夏~
英国ヨークシャー想い出の花~秋・クリスマス~
とは 又 違った雰囲気を楽しんで頂けると思います。


以下の文は『京都大原の里 草花と実り』まえがきより。


京都大原の朝市は、四季を通して賑わっている。
京野菜を買い求める人、お漬物を味見する人、
そして、山からの草花を愛でる人-。

京都大原の新春は、日本水仙の香りに包まれて始まる。
やがて、新聞紙にくるまれた菜の花たちが店先に並びだすと、
山桜、木蓮、桐の花に卯木の花・・・
次々に春の花々が耀く姿を見せてくれる。

家に戻るなり、水に入れてあげてペンをとる。
花が散ってしまう前に、終わってしまう前に、
その日、その時、その朝に出会った花を
形に残しておきたいから。

京都大原の秋の気配は一足早く訪れる。
車を止めて野山に入れば、枯れた山紫陽花や
たわわに実る柿、朝露に濡れた落葉など
魅力的に色づいた自然があふれている。
その山の秋に、実りに、少しでも近づきたくて
白いスケッチブックをひらく。

そして今日は日曜日。
今朝出会う草花や木々を楽しみに、
大原の里を楽しみに、
まだ薄暗い朝6:30、高野川ほとりの家を出る-。

                西山裕子

大原朝市

2011年5月 1日

2614.jpg

久しぶりに大原朝市へ。


英国から帰国後は毎週のように通い
大原の草花を描いていました。

当時の作品を集めたものが2003年
ポストカードブック『京都大原の里・草花と実り』
として 青幻舎より発売されました。

その後、出産を経て
『Birth-誕生-』『愛おしいひととき』『さくら』と
娘との日々を描き綴った詩画集3部作が出版され
今日に至ります。


最近、子育ての日々から少し離れたものを
描いてみたくなりました。

今朝は朝市にて 草花「ジュウニヒトエ」を購入。
早速 筆をとります。

ブログ

ブログ

ブログ


特定商取引法による表示




購読する

MM Y年12月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 日々のこと全リスト