2011年7月の日々のことリスト

夏期休暇のおしらせ

2011年7月28日

本日7月28日(木)から8月8日(月)まで
誠に勝手ながら 夏期休暇とさせていただきます。

休暇中のウエブショップご注文につきましては
8月8日(月)以降の発送となりますので
ご了承下さいませ。

ミセス・ホップウッドに会いたくて・・・
懐かしい あの風景に身を置きたくて・・・
2年ぶりに英国・ヨークシャーへ行って来ます!

帰国後
旅のご報告が出来ること楽しみにしています。
どうぞまた、お付き合い下さいませ。

三筋蝶

2011年7月27日

3654.jpg

朝刊を取りに庭へ出ると
視界左に動くものが!

近寄ってみると三筋蝶です。
優雅な羽の動きに
しばし暑さを忘れます。

3646.jpg

朝一番
玄関引き戸を開けると この眺め。

お気に入りイロハモミジの向こうに
満開の百日紅。

緑豊かな木々に囲まれると
より一層引き立ちます。

百日紅

2011年7月25日

3615.jpg

庭で満開の百日紅。
近くで見るとこんな感じ。

今朝は蜂がぶんぶん飛んできて
蜜を懸命に吸っていました。

3632.jpg

今回の展覧会で展示されてる
フェルメールの作品は3点。

「手紙を読む青衣の女」
「手紙を書く女と召使い」
「手紙を書く女」

気持ちを伝えるのに、
『手紙』と言う手段が発達した17世紀オランダ。

遠く離れた恋人へ手紙を書く姿。
想う人からの手紙を読むその表情・気配・・・。

『手紙』を通して描かれるフェルメールの日常の描写。

青衣の女の手紙を持つしぐさや、その表情を前にすると
思わず立ちすくむ。
書き損じた手紙を丸めて床に捨て、ペンを走らせる-
その女に想いを馳せる。
手紙を書く手を止め、こちらを見る女が
頭から心から離れない!

Oh! フェルメール!

作品を鑑賞できたことに心から感謝。


帰り、展覧会のロゴ入り・美しいブルーの封筒を購入。
いつか、とっておきの時に使いたい。


3624.jpg

午前9時過ぎ 京都市美術館へ。
もちろん目的は『フェルメールからのラブレター展』!

チケット購入のために設置されたテント。
そこに並ぶ人は何とゼロ!

早速中へ。

そこは完全に17世紀オランダの世界・・・。

百日紅

2011年7月22日

3607.jpg

嵐去り雨が止み
暑さも少し和らいだなら
それは絶好の庭いじりの日。

最初は「あら、涼しい!」なんて喜んでいたものの
強風で落ちた大量のヤマモモや落ち葉を掃き集め
苔の手入れをし 草むしりを始めると・・・
あっという間に汗が滴り落ちてきます。

それもまた良し。

きれいになっていく庭を眺めるのは
最高に気持ちのよいもの。

そして・・・
こんなに咲き乱れる百日紅を眺めながらなら
尚更のこと!

菓匠「柳苑」

2011年7月21日

3604.jpg

京都・寺町通り丸太町下る
菓匠「柳苑」さんへ。

7年ほど前、知人から
茶菓『楽石』を戴いて以来のファンです。

『一之船入』も、お勧め。

何といってもロケーションが最高。
御所の近くで 大好きな寺町通りにあり
お向かいは下御霊神社でこの雰囲気!

3597.jpg

京都ブライトンホテル「リエべ」様へ
ご注文頂いた草花舎商品を納品してきました。

手前中央 草花舎カードを写真立てに入れ,
(店長さんのアイディアです。)
とても感じよく並べて下さっています。

気品漂うショップへ入り
この『草花舎コーナー』を見る度、
我ながら「いいなぁ~」とうっとりします!

そして
「ありがたい幸せなことだな」と実感する瞬間です。

台風接近で・・・

2011年7月19日

3594.jpg

台風接近で天気が荒れ模様。
早速、簾を上げ雨風に備えます。

2011年7月16日

3588.jpg

夕方の庭の水やり。

濡れた鉄平石の上
目の前に蛙がピョ~ン!と
勢いよく跳んできました。

3577.jpg

強烈な日射しの下、久しぶりに
庭のイングリッシュ・ローズが咲きました。

この時期の薔薇は小ぶりですが
厳しい暑さの中咲く姿は健気であり
元気をもらえる気がします。

3569.jpg

今回の
ミセス・ホップウッドへの返事は
早めに出さないと・・・。

だって、私たち(!)の夏休みが
近づいてきてるもの!

枯れ紫陽花

2011年7月13日

3563.jpg

紫陽花は花が終わる直前、
早めに切るようにしています。
(翌年のために。)

でも、全部は切ってしまわず
いくつかの花はそのまま残しておきます。

英国滞在中に見た初秋の枯れ紫陽花が
あまりにも渋い いい色合いだったから。

我が家の枯れ紫陽花も中々いい感じ。
描きたくなる色合いです。

3552.jpg

英国・ヨークシャー
ミセス・ホップウッドからの手紙が
先週届きました。

今回、返事が遅かったので
「体調でも崩したのかな。」と
気になっていました。

いよいよ電話してみようと
思っていた矢先に届いた嬉しい手紙です!


ミセス・ホップウッドは
教会で催された"フラワーフェスティバル"
で大忙し!

写真を二枚同封してくれました。
一枚は彼女の担当した"教会窓の飾りつけ"。
タイトルは『A TRIBUTE JAPAN』。

彼女のフラワーアレンジメントと一緒に
前回日本から送った"折り鶴"も飾ってくれています。

そして・・・祈りを込めて、
大震災の新聞記事も背後にあります。


写真二枚目は教会入口の飾りつけ写真。

門から入口扉に向かう小道の地面両側に
ポツポツポツ・・・と
小さな花束がたくさん並んでいます。

ん?よく見ると・・・
それら花束の容れ物は・・・何と「靴」です!

二足ずつペアで
花束たちは入口に向かって歩いているのです!

これ以上の"勧誘"があるでしょうか ?!
思わずクスッと笑ってしまいます。
まさにアイデア賞です!

彼女の手紙によると、
皆で要らなくなった古い靴を持ち寄ったそうです。

もし、私が何も知らずに
教会の前を通ったとしたら・・・

この可愛らしいウイットのきいた"おもてなし"に
きっと中に入ることでしょう!


新聞記事が一枚同封されていました。
それは、Brian Moore の死を悼み
彼の業績・人柄を称える記事。

Brian moore - 彼は
ヨークシャーでアイスクリーム事業を
大成功させた人物です。

渡英中のある土曜日、
いつものようにホップウッド夫妻と
ヨークシャーの雄大な景色をドライブしていると
目的地はまだまだ先なのに
突然、ホップウッドさんが
「いいところに寄って行きましょう!」
と言いました。

その時、連れて行ってもらったのが
Brian Moore のアイスクリーム本店です。

見渡す限り美しい自然に囲まれたその"Farm(農場)"では、
搾りたて牛乳たっぷりのアイスクリームを味わえると共に
可愛らしい牛たちの姿も見ることが出来ます。

「美味しかったね~」と大満足で帰ろうとしていた時
ミセス・ホップウッドが「Oh! 彼、彼、Brian moore だわ!」。

そう、Brian さんとバッタリ出会ったのです!

あの 写真が苦手なミセス・ホップウッドが珍しく
「カメラある?一緒に撮りましょうよ!」。

私たちは彼に「アイスクリームとっても美味しかったよ。」と伝え、
Brian さんは、どうしてここに日本人がいるのか不思議に思ったらしく
ホップウッド夫妻に色々たずねています!

私たち ひとしきり話して笑った(!)後、
3人で車に乗り込んで
「いやぁ~、びっくりしたねぇ。」
「ホッホッホッホッ・・・いい思い出が出来たわね!」

ホント、懐かしい、いい想い出です。

Brian moore 氏のご冥福を心からお祈りいたします。

紫式部

2011年7月11日

3544.jpg

暑さ厳しい午後の庭。
生い茂る木々の間から
小さな小さな花を発見!

紫式部の花。
涼しげなやさしい薄紫色です。

ヤマモモ

2011年7月 9日

3534.jpg

炎天下の庭で
ヤマモモがたわわに実っています。

アガパンサス

2011年7月 8日

3529.jpg

庭で咲き始めた
アガパンサスの"白"に
魅せられて・・・。

壺中堂

2011年7月 7日

3521.jpg

七夕の夜には、残念な空模様です。


雨降るお昼前、
河原町通りにある『壺中堂』さまへ
草花舎商品納品に行って来ました。

前回は『壺中堂』さまの
素敵なショップウインドウを紹介したので
今回は店内の様子を。

足を一歩中に踏み入れると・・・
そこは、魅力的な文具がいっぱい!
優しい笑顔の店主さんに安堵し
じっくりゆっくり「お気に入りの一品」を
見つけられるでしょう。


奥様が時間をとって下さり、ちょっとお話を。

刺激的な!
草花舎の未来が明るくなるような提案を頂戴しました。
あとは、こちらの努力次第、かな。

奥様はいつも 穏やかに楽しく話を聞いて下さるので
ついつい嬉しくて色々話してしまいます。
私の大好きな時間です。

アガサンパス

2011年7月 6日

3516.jpg

曇り空の下、庭の東花壇では
アガパンサスが咲き始めました。

ヤマモモ

2011年7月 5日

3499.jpg

昨晩の雨風から一転
眩しい日差しの下
庭のヤマモモは色付いて。

嵐の前に・・・

2011年7月 4日

3504.jpg

雨雲が近づき
風がきつくなってきました。

次々に咲く庭のギボウシが
激しく揺れています。

楽紙館 本店

2011年7月 1日

3491.jpg

中京区の蛸薬師通り高倉西入る
楽紙館 本店』さまへ行って来ました。

展示していただいてる絵を
「クレマチス」から「オニユリ」に変更。

いかがですか?

昨夏は 確か「向日葵」を展示しました。
今夏は この「オニユリ」でいこうと思います。

ブログ

ブログ

ブログ


特定商取引法による表示




購読する

MM Y年12月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 日々のこと全リスト