2012年5月の日々のことリスト

続・1ポンドの幸せ

2012年5月30日

6201.jpg

こちらのペーパーナプキンは、鮮やかな色。

「ナショナルトラスト」のチョコを添えたなら
気分は英国のティータイムでしょ?!

1ポンドの幸せ

2012年5月29日

6194.jpg

英国・ヨークシャーで購入した
小さなペーパーナプキン。

絵柄がかわいいでしょ?

不安定な天気の午後、
家の中でくらい明るくね。

一ポンドの幸せ。

6157.jpg

愛用している和歌山産はちみつが
ただ今、品切れ中の為、

昨夏、英国・ヨークシャーで買ってきた
『ヨークシャーはちみつ』を解禁!

蓋を開けると・・・
ヨークシャーの風の香りがするのは気のせい?

ヨークシャーハニーのお陰で
珍しく、朝からエネルギー漲る感じ!

蘭花譜

2012年5月24日

6969.jpg

大山崎山荘新館(安藤忠雄建築)で、催されていたのが
『蘭にみた、夢  蘭花譜の誕生』です。

ここに、実業家であると共に偉大なる趣味人でもあった
加賀正太郎の情熱を見ることができます。

ロンドンのキューガーデンで蘭と出会い、栽培に魅せられた加賀は
大正から昭和の30年間で1140種、1万鉢近くの蘭を育てたといいます。

その業績の一部を学術的記録として
加賀が情熱を注いで作った「蘭花譜」は
木版画83点、カラー図版14点、単色写真図版7点の104点で構成され
昭和21年に限定300部で刊行されました。

本展では、版木や色校正の指示なども展示されていて
大層興味深いものでした。

一点をのぞき、この木版画の下絵を描いたのが
当時、無名だった日本画家だった池田瑞月です。

何と池田はある日突然
高山植物の写生図を携えて大山崎山荘を訪問!

加賀はその下絵に歓喜して、下絵を依頼したそうです。
すごい決断力です。

一方、先日紹介しました通り
夏目漱石が提案した山荘名はボツにした加賀。

気に入れば無名の画家も採用するが
気に入らなければ文豪・夏目漱石をも拒絶する!

何という力強い自信に満ちた価値観でしょう。


レベルは違いますが・・・
私は、英国から帰ってきたとき
現地で描きためた膨大な量の花の水彩画を
「本」という形に残したくて、いくつか出版社を回りました。

その時、一社をのぞいて
「どこの芸大?今までの経歴は?」
「どこで教室開いてるの?生徒さんは何人持ってるの?」
と、当然のように聞かれ
「・・・主婦です。」
と答えると・・・

「主婦がお遊びで描いたものを見れるか!」
と激昂する方や
「あんた、生徒さんを一人も持っていないのに
本を出したところで、一体誰が買うの?」
とあきれる方などさまざまでした。

でも、一社だけ、そう、青幻舎だけは
綺麗な編集長さんが、黙々と作品ファイルを見てくれ
「いいですね。」と言って下さいました。

そして、その後、社長さんが見てくれて
ポストカードと画集の出版を決断して下さりました。

あまりの嬉しさと、それまで回った出版社との違いに驚いていると
社長さんは「誰でも最初は無名ですよ。」と、
一生、私の心に残る言葉をおっしゃいました。

この日のこと、青幻舎さんへの感謝の気持ちは
忘れたことがありません。

今回の池田瑞月を採用した加賀のエピソードを知って
「私の運命の日」と思い重ねてしまいました。
レベルは違うんですけどね・・・!

6956.jpg

大山崎山荘ベランダからの眺めです。
宇治川、木津川、桂川がのぞまれます。
そして、裏には天王山・・・。
思えば、すごい所に建てていますよね。

建設中には、あの夏目漱石も来たそうな。
その時、加賀正太郎は山荘の命名を依頼しています。
後に漱石が14もの候補を送っているものの
加賀はどれも気に入らず
結局地名をとって簡潔に「大山崎山荘」にしたとのこと。

気に入らなければ文豪・夏目漱石をも拒絶する―。
いいですね。
〈 力強い自信に満ちた価値観 〉です。

大山崎山荘

2012年5月21日

6951.jpg

昨日の日曜日、大山崎山荘へ行って来ました。

JR山崎駅におりると、空気が違います。
心地良い風が吹き、天王山の新緑が鮮やか。

坂道を上っていく途中
鳥のさえずりを聞きながら、大山崎山荘入口へ。

見事な庭園を通り
兎のオブジェがある広場から、山荘を見上げます。

何度来ても、何度見ても、いいです。

さぁ、今から加賀正太郎の世界へ
どっぷり浸りに参りましょう。

京都・大原 APIED

2012年5月19日

6939.jpg

京都・大原にあるカフェ『APIED』さんへ
行って来ました。

春と秋の期間限定オープンですが
その都度、行くようにしています。

だって、
経営されている金城さん母娘が素敵な方だし
ベークルにスープが美味しいし
落ち着きのある日本家屋がひんやりと気持ちいいし
そこから眺める庭が見事だから!

また、金城さんは
文芸誌『APIED』を発行されています。

そこで今日は、
リトルプレスについて、色々教えていただきました。

ここ最近、私の中で不足していた〈刺激&やる気〉を
たっぷり頂戴して帰って来ました。

Birds away gift set

2012年5月18日

6053.jpg

庭の苺が次々と出来てきたので
従来通りの「鳥さん来ないでネット」と共に
昨夏、英国で購入した
こちらの道具も使ってみようかと思います。

ちょっとオシャレでいい感じ!

紫陽花

2012年5月17日

6929.jpg

一日中、爽やかな快晴でした。

夕刻、水やりをしている時
紫陽花の蕾を発見!

まだまだ小さいですね。

新緑

2012年5月16日

6932.jpg

五月の庭。

新緑が競い合うように伸びやかで
眺めていて気持ちがいいですね。

苺!

2012年5月15日

6925.jpg

雨降る中、庭の苺が色付いて。
ん~ おいしそう!

金魚

2012年5月14日

6912.jpg

昨日の日曜日
楽紙館本店で催されている
「折り紙教室」に娘と参加してきました。

草花舎商品を置いて下さっている関係もあり
以前より、ぜひ!とお誘いいただいていました。

作りましたよ。
〈ペットポトルの中で泳ぐ金魚たち〉

どうですか?
なかなかイイでしょ?!

五月の庭

2012年5月12日

6910.jpg

五月中旬とは思えない天候です。

暑いより、これくらいの気温のほうが
庭仕事には適しているので
昨日、今日と、草抜きに励みました。

どんよりした曇り空のなか
たまに射す日射しに輝く苔!新緑!

これぞ
草むしりをした甲斐があるというものです。

ハウチワカエデ

2012年5月 9日

6902.jpg

新緑のハウチワカエデ。

大きな葉の下で
小さな花が揺れています。

フリージア

2012年5月 8日

6898.jpg

庭に咲くフリージアを摘んできて
ガラスの小さな花瓶に入れました。

部屋中、甘い香りに包まれて・・・。
自然の香りはいいですね。

ハーバルマーケット

2012年5月 7日

6847.jpg

ありました!
ステーショナリー売り場に並んでいます。

手にとってくれているお客さまもチラホラ。
気に入ってくれるかな?

毎回、ありがたく思います。
数多くの商品の中から草花舎商品を選んでもらえた奇跡を。

いつも感謝します。
取り扱い店に足を運んで来られた方との運命の巡り合わせに。

神戸布引ハーブ園

2012年5月 7日

6852.jpg

ゴールデンウィークの後半は
神戸布引ハーブ園に行って来ました。

ケーブルカーから、鮮やかな新緑を堪能し
ハーブ教室では、石鹸づくりを娘と楽しみました。

そして、何よりここハーブ園内のショップ
『ハーバルマーケット』様
草花舎商品を置いて頂いています。

ご挨拶に伺うのを心待ちにしていました。
店内は すごい人で 皆さんお忙しそうでしたが
ちょうど担当の方や店長さんとお会いすることが出来ました。

このショップの方々は
どの方も本当に生き生きと働かれています。
その姿・・・とてもステキだなと思います。

なので、もちろん店内の雰囲気はよく
お客様たちも気持ち良くたくさん(!)買い物されている様子。

どれどれ・・・草花舎商品はどこかな?

ライラック

2012年5月 3日

6835.jpg

庭のライラックが風に揺られています。
― 魅力的な薄紫色で。

6837.jpg

英国・ヨークシャーに住む
ミセス・ホップウッドに手紙を書きました。

前回、『英国・ヨークシャー想い出の地を旅して』
送ったところ、とても喜んでくれて
"MAY FAIR" の案内と共に返事をくれました。

4月9日付けの彼女の手紙によると
英国の3月はとても温かく春爛漫の陽気だったのが
4月に入って雪が降ったのだそう。

農家や果物はダメージが大きいらしい。

彼女の庭は、幸い無事で
特に前庭はチューリップやパンジー、プリムラが色とりどりで
道行く人たちは足を止めて見ているんだとか。

私は、京都の桜と我が家の庭の花々の写真を同封。
日本の春も気に入ってくれるかな?

宇治市立植物園

2012年5月 1日

6793.jpg

今日から五月ですね。

連休に宇治の植物園へ行って来ました。
まずは、草花舎商品をお取り扱い頂いている
植物園内『レストラン&ガーデン蝶々』様へご挨拶。

見て下さい!
レジ横、いっちばん目立つ場所に
草花舎商品をズラリと並べて下さっています!!

店長の辻本さんに担当の井上さん。
お二人とも生き生きと接客をされていて、素敵。

お店全体に活気があって気持ちがいいです。

ここは、各国の珍しい雑貨や
オリジナルの焼き物鉢、ちょっと珍しい植物など
欲しくなるものがいっぱい。
また、ヨーロッパ地方のベビーグッズも置かれていて
人気があるようですよ。

宇治へ行かれれる際には、ぜひ一度覗いてみて下さい。

ブログ

ブログ

ブログ


特定商取引法による表示




購読する

MM Y年12月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 日々のこと全リスト