2012年8月の日々のことリスト

朝顔 2

2012年8月30日

7465.jpg

昨日に続いて、裏庭に咲く朝顔をご紹介。
8月終わりの風情に似合わない花ですが・・・。

この朝顔、フェンスに絡ませていたのが
一度上まで伸びきった後、勢い余って
地面まで下がってきて、花を咲かせています。

何とも強いですね。

朝顔

2012年8月29日

7470.jpg

9月間近の今頃に朝顔なんて・・・と
思われるでしょうが
確か今夏はまだ
庭の朝顔を紹介していなかったなぁと
気付きまして・・・。

裏庭で、毎朝楽しませてくれる朝顔。
勢い衰えず、次々咲いています。

紫式部の花

2012年8月28日

7461.jpg

庭では木洩れ日の中
紫式部の花が咲いています。

涼しげな色の小さな小さな花です。

夏の終わり

2012年8月27日

7463.jpg

京都岩倉の朝夕は
秋の気配を感じさせる風が吹き始めました。

庭の向日葵も一時の勢いはなく
どことなく夏の終わりの風情かな。

・・・とは言うものの
日中はうだるような暑さなんですけどね。

百日紅

2012年8月25日

7449.jpg

朝から照りつける太陽。
庭の百日紅が青空に映えています。

う~ん・・・暑い!

ペチュニア 2

2012年8月24日

7453.jpg

白系で統一しているテラスのペチュニア。
その中で紫を少し織り交ぜて―。

これは、サントリーから発売されていた
二色ワンセットになったもの。

今夏初めて育てていますが
成長もバランスも良くて気に入っています。

ペチュニア

2012年8月23日

7450.jpg

テラスでは、ペチュニアが花盛り!
全体を白っぽく統一。
少しでも涼しく感じられるように・・・。

様々な種類のペチュニアがありますが
中でもお気に入りが
中央がうっすらピンク色のもの。

今朝も朝陽をたっぷり浴びて
気持ち良さそうに咲いています。

百日紅

2012年8月22日

7447.jpg

朝からの強烈な日射しに
参ってしまいそうです・・・。

庭では、終わりかけの百日紅が
伸びやかに咲いています。

京都では、午後の雷雨が
怖ろしい降り方で
何かが狂っているかのよう。

東京フィル

2012年8月20日

7436.jpg

高知への旅の後、一呼吸置いて
東京へ。

東京フィルのコンサート
『こども音楽館2012
地球は音楽でできている!』へ行ってきました。

そこでは、演奏が始まるまでの時間
子どもたちが様々な楽器に触れることが出来ます。

バイオリン、チェロ、コントラバス、フルート、トランペット・・・。

それぞれに、プロの方が付いて下さり
音色の出し方などを教えて下さります。

ま、大人も触らせてくれるんですけどね。
私は、バイオリンに挑戦したのですが、もちろん何とか音が出る程度。
それに、やはり、こういうのは
大人より子どもの取り組んでいる姿の方がいいですね。ハイ。

娘にも言ったんですけど
やはり、何でも「出来る」ようになるには、
日々の努力と積み重ねが必要です。
そして、その後にようやく「奏でる喜び」が、やってくる・・・。

人生の中で、全ての楽器を挑戦するわけにはいきませんから
やはり、何かの縁で今、練習している楽器を大切にせねばならんなと。

うちの場合は、ピアノになるわけですが
娘に言うばかりでは情けない。
私自身、最近まともに練習していなかったなぁ~と猛反省。

唯一「出来る」ものを、まずは自分が大切にしなければ!

旅の続き 2

2012年8月19日

7430.jpg

こちらは、高知で入手した
牧野富太郎切手シリーズです!

切手のみは、全国の郵便局でも
売っているらしいのですが・・・
この台紙!この素晴らしい台紙が
高知限定なんですって。

もちろん買いますよねぇ。
おまけに台紙付きでも
切手のみの値段と一緒なんですよ。

家で眺めてうっとり・・・。
もったいなくて使えそうにないなぁ~。

旅の続き

2012年8月18日

7425.jpg

お盆が明け、暑さが和らぐかと思いきや
より強烈な暑さが襲ってきたようです。

久しぶりのブログとなりますが
みなさま、お元気ですか?

私は、旅が終わった後の想い出に浸るひと時が好きで
今は、まさにそんなムードです。

写真は、牧野植物園で購入した数々の品。

これらを眺めながら
牧野富太郎の人生に想いを馳せ
真夏日の植物園散策を思い出し
このポストカードで誰に便りを出そうかなどと
あれこれ考える・・・。

旅の続きです。

お盆休みのお知らせ

2012年8月11日

高知の旅はいかがだったでしょうか?

夏期休暇報告が終わるなり
又、お休みの報告で申し訳ございません。
本日から8月15日(水)まで
お盆休みとさせていただきます。

ウエブショップでご注文いただきました方には
8月16日(木)以降の発送となりますこと
どうぞご了承くださいませ。

立秋が過ぎ
朝夕、随分と涼しくなってきましたが
くれぐれもお身体ご大切にお過ごしください。

再開時にまた、読んで頂けると幸いです。

桂浜

2012年8月10日

7325.jpg

高知に来たなら、やはり桂浜。
ここには来ないとね。

この日は台風が近づいているとかで
波は少し荒れ気味。

竜馬の銅像を見上げながら
浜におりてくると、そこはもう、竜馬の世界。

ここで、乙女姉ちゃんと話したのか。

「乙女姉ちゃん、海の向こうには何があるがやろ。」
「よその国があるいうぜ。」

この水平線を眺めていたんだなぁ~。
そして、いつかその向こうに行ってみたいと思ったのか。
やっぱり海を見て育ったものと、そうでないものは違うだろうなぁ・・・

などと、感慨に浸りながら海を眺めていると
後ろから声が。

「危ないので、海に近づかないで下さい!」

え?私?
うそでしょう?

だって、浜に下りてきた時から
監視員さんがいると分かっていて
気を付けていたんですけど・・・。

確かに、ちょっと海の方へ近づいていたかしら。

後ろから貝殻を集めながら歩いてきた娘に
「ママ―!注意されてたやろぉー?
濡れてるところまで行ったらあかんでぇ~」
と、再度注意される始末。
主人はニンマリ笑っています。

んもう、せっかく竜馬に想いを馳せてたのに!

いずれにせよ、高知旅行の旅は、これにて終了。
感想は、家族一致で
「土佐は魚が美味く自然いっぱいでいいとこぜよ!」

牧野植物園 4

2012年8月10日

7315.jpg

暑い中、広大な庭を歩いて来て
辿り着いたここは企画展示室。

今年は牧野富太郎生誕150年なのです!

生誕150年記念展
『植物学者 牧野富太郎の足跡と今』を鑑賞。

彼の偉大な業績とまっすぐな人生を堪能しました。


〈植物学者 牧野富太郎の笑顔の秘密〉では
「牧野博士はどうしていつもわらっているんだろう?」
という質問に
―それは、好きなことを一生やりつづけた人だからです。
  牧野博士の好きなこと、それは植物でした。
というのがありました。

そんな一生を送りたいと強く思います。

牧野植物園 3

2012年8月 9日

7302.jpg

だってそこには、花咲く道が続いているから!

牧野植物園 2

2012年8月 9日

7299.jpg

奥に見える大きなガラス張りの建物が温室です。

そこからここまで歩いて来ましたが
うだるような暑さです。
・・・人は一人も歩いていません。

企画展示室まではまだまだ距離がありそう。
でも、歩くのだ。
だって・・・

牧野植物園

2012年8月 9日

7292.jpg

高知県立美術館の後、牧野植物園へ。

東京の百貨店で催されていた
牧野富太郎展覧会に足を運んで以来
彼のファンです。

だから、どうしても来たかった。

山の頂上にある植物園は
まず、巨大な温室が出迎えてくれます。

写真は、夜に幻想的な花を咲かせる
パラグアイ オニバス。
子どもが乗れるほどの大きな葉です。

7276.jpg

こんな可愛らしいカードで
西山裕子と紹介して下さっていました!

感激です。

高知県立美術館はシャガールの絵をたくさん所蔵しており
常設展で展示されています。

また、私が行った時の特別展は「ミロ展」で
たくさんのお客さんがいらっしゃっていました。

あと、一階では子供向けの特設展示場があり
その他、陶器の展示もありと盛りだくさんの内容でした。

こんなに意欲的で素晴らしい美術館に
草花舎商品を置いてもらっている―。
改めて嬉しく有難いことだと感じ入り
そして・・・誇らしくも思いました!

7273.jpg

一階ロビーにあるミュージアムショップを
覗いてみると・・・

ありました!レジ前に!
草花舎商品が並んでいます。
イエイ!

早速、ショップにいらっしゃった
可愛らしい店員さんにお礼を言って
担当の井上さんとご対面。

おおらかな笑顔が印象的な方。
「この方が注文をくれているんだ」と思うと
何だかしみじみ。
感謝の念が込み上げてきます。

そしてそして、うれしいことに
草花舎商品には・・・

7262.jpg

旅館でのんびり過ごした翌朝は
草花舎商品を、お取り扱い頂いている
高知県立美術館へ行きました。

風情のある立派な建物ですね。

7255.jpg

草花舎夏期休暇が明けました。
今夏は、高知へ3伯4日で行って来ました。

しばらく、土佐の旅にお付き合いくださいませ。


京都→岡山まで新幹線で行き、
岡山→高知へ南風列車で約2時間半。

初日(7月30日)は、高知到着後
「ひろめ市場」で、早速戴きましたよ、〈かつおのたたき〉。

言うまでもなく、美味でした!
一切れが厚いのですが、口の中に入れると
柔らかくてあっという間にもぐもぐもぐ・・・。
また、炭火焼で焦げた皮の部分が、絶妙にうまい!
たまりませんね。

すっかり土佐っ子になった気分で旅館に着くと3時すぎ。

今回の旅の目的の一つである〈のんびりすること〉を達成?するために
今日はもう温泉に入って、後はひたすらダラダラするぞ!

ブログ

ブログ

ブログ


特定商取引法による表示




購読する

MM Y年12月

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 日々のこと全リスト