2013年1月の日々のことリスト

マリモ

2013年1月31日

8226.jpg

マリモを育てています。

我が家に来てもうすぐ一年。
はるばる北海道から来てもらったからには
気持ちよく過ごしてもらわねば。

先日、ふと見ると
マリモが浮かびあがっています!
え~!どういうこと?
もう・・・ダメってこと?

慌てて調べると
どうやら浮いてくるのは問題ないみたい。
ホッと一安心。

ただ、小さいほうのマリモが茶色っぽい。
これは、非常に良くない事らしく
今は、しっかりお日様をあてて育成中。

ここ数日で、
かなり良くはなってきたようで
このまま治ることを願っています。

佐川美術館

2013年1月30日

8227.jpg

草花舎商品をお取り扱い頂いている
佐川美術館ミュージアムショップサム様
書籍『さくら』の案内に行って来ました。

店内での草花舎商品はというと・・・
ジャジャーン!こんなに広~く美しく並べていただき
本当に感謝の一言です。

店長の太田様に2013年度の催しもの内容を
教えて頂きました。
正式には3月発表と言うことですので
ここでの公表は控えさせていただきますが
鑑賞したくなるラインナップが勢揃いと言う感じでした。
今から春が待ち遠しい!

以前にも紹介しました通り
太田様にはミュージアムショップでのお取り扱いはもちろんのこと
オリジナルプロフィールを作っていただいたりと
何かとお世話になりっぱなし。

その太田様が
草花舎ホームページ内の《英国の想い出》に載せてある
アルバムbookを見て下さっていることが分かりました!

「英国の教会で催した個展は
建物といい雰囲気といい興味深く拝見しましたよ。」と、
うれしいお言葉を頂戴し
ジ~ン・・・ときました。
だって、一人でも多くの人に見てほしかったもの。

やっぱりネットってすごいな、ホームページ開いてよかったな。
と、実感。

すると、「西山さんはフェイスbookしないんですか?」
とおっしゃられて、色々説明して下さりました。
そして、太田様のスーツの内ポケットからスマートに登場したスマートフォン。
サーッサーッと、指でなめらかに、且つ迅速に操作されていきます。

ほー・・・と眺める私。

ようやくブログの打ち込みにも慣れ
ホームページの良さを実感した矢先
世の中では、その何歩も先をいったものが出現し
みなさん上手に利用されている。

明らかに遅れている私。
今日、伺ったお話を参考に色々考えていこうかな。
私なりのスピードで。

007 スカイフォール

2013年1月29日

8214.jpg

今月に観たもう一本の映画は
『007 スカイフォール』です。

月に2本も映画を観るなんていつぶりかしら。
と言うか、映画を観に行くこと自体いつぶりかしら。
少なくとも去年は行けなかったなぁ。
行けなかったというより、行動力がなかっただけか。

さてさて、
ダニエル・グレイグのボンドは初めて観ましたが
複雑な内面を体現するその〈存在感〉に圧倒されました。

" ボンドとMの信頼関係 "や" ボンドが自らの過去と対峙する "といった
ドラマチックなストーリー展開&
007ならではのアクションシーンに魅了されながら
終わりまで一気に突き進みます。

いやはや、素晴らしかった・・・のでは、ないだろうか。

やはりオスカー受賞監督のサム・メンデナスの力量
+ダニエル・グレイグの魅力かなぁ。

所々に007ファンを喜ばせる仕掛けも満載で
特に私は、アストン・マーティンDB5が登場した時には唸りましたね。
また、車内でのMとボンドの会話にクスリと笑ったり。

そしてそして、
スコットランドの雄大な景色の中を駆け巡る
アストン・マーティンから
トム・フォードのスーツを着たボンドが降り立つ-
このシーンは最高に美しかったのではないでしょうか!

レ・ミゼラブル

2013年1月28日

8212.jpg

今月、映画『レ・ミゼラブル』を観ました。

ミュージカルはちょっと苦手意識があるので
どうかなと思ったのですが・・・

よかったです。
観終わった後、素直にそう思いました。

「プラダを着た悪魔」で好きになったアン・ハサウェイの
"夢やぶれて"は素晴らしかったです。
そこに居るのはまさに"ファンテーヌ"でした。

ヒュー・ジャックマンの"ジャン・バルジャン"も、見事。
歌っている-と言う感じはあまりせず
自然に入り込めた気がします。

そういえば・・・
ヒュー・ジャックマンがアカデミー賞授賞式の司会を務めた時
アン・ハサウェイが、ジャックマンと一緒に歌って躍りましたよね。

う~ん、今年のアカデミー賞の行方が気になってきました。
私は、アン・ハサウェイに一票!

帰りに、迷わずパンフレットを購入。
ちょっと迷って、CDも購入。

ただ今、家で聴いています。
ちょっと重い?
いえいえ、映画の名シーンが蘇り、聴き入っています。

ラストは、もちろん映画同様
「民衆の歌」が流れてきます。

♪ Will you join in our crusade ?
Who will be strong and stand with me ?

Somewhere beyond the barricade is
there a world you long to see ?

Do you hear the people sing ?
Say do you hear the distant drums ?

It is the future that we bring
when tomorrow comes !

Tomorrow comes !!! ♪

さぁ、拳を振り上げて、仕事&家事をするぞ!

2013年1月27日

8204.jpg

今朝、裏庭に出ると
クリスマスローズの大きな葉が
うっすらと雪化粧。

自然が織りなす魔法に魅せられて。

テラス

2013年1月26日

8161.jpg

時折、雪が舞い
強風が吹いていますが
軒下のテラスでは
一足早い春を感じています。

山茶花

2013年1月25日

8167.jpg

朝から小雪が舞い
底冷えする一日ですが
時折、陽が射し込むと
生け垣の山茶花が耀いて見えます。

かもめや

2013年1月24日

8200.jpg

久しぶりに「かもめや」さんに会いました。

「かもめや」は屋号。
渋柿などを使って染めたもので
ステーショナリーグッズや手作り本などを制作・販売されています。

かもめやを主催する彼女は、たおやかな女性。
で、私の中ではいつもステキな「かもめやさん」。

以前に話を伺って興味のあった
和綴本を見せてもらいました。

本の中身は、
〈どのようにして和綴本を作るか~HOW TO MAKE BOOKS~〉
が掲載されており、
『あなたが今、手にしているこの本が
そっくりそのまま作れちゃう驚愕の製本テキストです!』と、ある通りです。

草花舎ホームページ内の《英国の想いで》にて
紹介しているアルバムブックを始め
手作り製本は経験済みですが
今までは洋綴ばかりでした。

"ちょっとした記録"や"まとめたいもの"を
こんな和綴本にして残してもいいですよね。

「難しいかなぁ~」と戸惑う私に
かもめやさんは一言。
「昔は、みんな家で和綴をしていたので
本来簡単にできるものなんですよ。」

いい言葉ですよね。

テキスト本の後に写っているのは
かもめやオリジナルポストカードで
彼女のお友達の作品だそうです。

興味のある方は、ぜひ一度「かもめや」
アクセスしてみて下さい。

馬酔木

2013年1月23日

8159.jpg

先日 (1/21) 紹介した馬酔木の蕾は
ピンクの花を咲かせるもので
今日の写真の馬酔木は
白い花を咲かせます。

白い花を咲かせる蕾が
こんなにピンクだなんて不思議だなぁ~と
毎年この時期に思うのです。

花届く!

2013年1月22日

8184.jpg

誕生日に花が届きました。
何より嬉しい贈りもの。
香り立つ花々に手書きカードがあれば
それはもう、完璧ね!

馬酔木

2013年1月21日

8156.jpg

庭では、馬酔木の蕾が膨らみ始めました。
開花まで、あと約2か月。
ゆっくりじっくり春に向って・・・。

8152.jpg

ゴッホと言えば、
書籍『ゴッホの手紙』(西村書店)を
昨年購入しました。

帯の文章は
《「狂気の画家」ではなく、
 思慮深く知的なゴッホがみえてくる》
とありますが、まさにその通り。

弟テオに宛てた手紙を中心に
251通のゴッホの手紙が作品とともに
掲載されているわけですから
これは、ゴッホのお墓参りに行った私としては
買わねばと。

大切に一通ずつ読み
作品を愛おしく眺めています。


西村書店さんの本は本当に美しい。

以前に『作家の家』という本を購入し
お気に入りの一冊になっています。

数々の写真と共に、
プロローグのマルグリット・デュラスの文章
(『エクリール』より抜粋したもの)
が最高に素敵。

この本に出会ってから
より一層、家の中のことに気を配るのが
楽しくなりました。

今年も、いい本に出会いたいな。

日めくりカレンダー

2013年1月19日

8151.jpg

昨年、草花舎がお世話になった
《エルミタージュ大美術館展》で
一目惚れして購入したのが
ゴッホの日めくりカレンダーです。

一年365日毎日ゴッホの作品をたのしめます。
(土・日のみ2日で1枚だから正確には毎日じゃないけど・・・。)

日めくりカレンダーって、ちょっと淋しいというか切ないですよね。
一日で切り取るのですから。
何だか人生の儚さを日々感じると言うか・・・。

でも、結構私に合っているみたいです、日めくりカレンダー。

自分の中に、『あっという間恐怖症』 があると思っています。
あっという間に日が過ぎるのを異様に恐れるのです。

「あっという間に一年経ったわねぇ~。」 と言うのは、絶対イヤ。

「あっという間に一週間が過ぎた・・・」って感じたりしたなら
「え!そんな・・・何してたっけ?」と手帳やカレンダーを見て
「いやいや、これだけのことしたやん!」と落ち着き直したり。

毎年、年末には
え~と、今年は本を出版したな、とか
個展をしたな、とか
草花舎の取り引き先が増えたな、とか
目に見えるものがあってホッと出来る。

たとえ、趣味でも
今年はこの曲が弾けるようになったな、とか
書道でいい字が書けたな、とか
何かが必要。

いつから、こんな風になったんだろうと考えるに
やはり20才の時に父を亡くしてからだと思う。

世の中には不条理なことが溢れていて
何一つ悪いことをしていなくても
突然人生の幕が下ろされると
知ったその日から。

そして、父は
生き得る限りの日々を懸命に生きろという
メッセージを、こんなにも私に強く残してくれた。

2013年は
父の思いを胸に、ゴッホと共に365日生きるのだ。

雪の朝 2

2013年1月18日

8144.jpg

梅の蕾と白い雪。
しばし、うっとり眺めます。

雪の朝 1

2013年1月18日

8134.jpg

朝起きて、雨戸を開けると・・・
そこは雪景色!

京都・岩倉では、最近雨が多くて
今年に入って初めての雪となります。

テンション上って
カメラ片手に庭に出て
パシャパシャ写真撮影。

でも・・・6時45分、寒い!

MARMITE

2013年1月17日

8127.jpg

冬には、小物・雑貨を描きたくなります。

この瓶は、英国で購入したジャムのようなもの。
京都在住のイギリス人ブリジットに
「ヨークシャーへ行くなら絶対買ってきて!」と
頼まれました。

ミセス・ホップウッド曰く
「とってもブリティッシュな味よ。」

材料は苺!とかブラックベリー!とか言ったものではなく
いまいち的を得ません。
表示にはYeast ExtractやVegetable Extractとあります。

「材料は何なの?」
と聞いても何故かホップウッドさんもブリジットも
「え~、何かなぁ。とにかく癖になる味よ。クックック・・・」と
笑っています。

匂いが強烈です。
一時期、ミセス・ホップウッドが、これにハマっていた時は
だんな様が「頼むから離れて食べてくれ」と言ったとか。
どんな食べ物なんだ?!
とにかく好き嫌いの差が激しいものであることは確か。
(ちなみに私はちょっと・・・。)

材料は不明なのに、ホップウッドさんったら
「いい本があるわよ。ホッホッホ・・・」と
このMARMITEに関する本を喜んで見せてくれます。

何につけて食べるかをひたすら絵で紹介しているみたいだけど
あり得ないページが出てきて・・・・
「これって・・・」と聞くと
「フフフ、もちろんジョークよ。
それくらい話題になる食べ物ってことよ。分かる?」ですって。

筆を進めていると、忘れかけていた記憶が次々に蘇る。
想い出の品が自分なりの形に仕上がって紙に残る時が幸せ。


書き初め

2013年1月16日

8117.jpg

今年の書き初めは「年月不待人」。

去年は中々コンスタントに
書道に通えなかったのですが
今年はもう少し書きたいな。

誕生日

2013年1月15日

8104.jpg

迫りくる誕生日を前に
家族がお祝いしてくれました。

我が家でのケーキは決まって
下鴨神社近くにある『LAMARTINE』さんのもの。

だって、最高に美味しいから!

手作りのカードをくれる娘に
「41才の合言葉はどうする?」と聞かれました。

何故か去年から〈合言葉〉なるものが
作られるようになって・・・
40才の時は確か 《ハッピースマイル40才》 でした。
主人と娘が考えてくれたそうです。

今年の目標は・・・
「今までの反省を含めて、バランスを取って生きることかなぁ~。」
と言うと

すかさず、9才児の娘は
「それ、いいね!《バランス取って41才》 !」
と、めでたく決定。

そう、私は一つの事に夢中になると
必死になり過ぎて体力も省みず無理をして
結局回りに迷惑をかけてしまう-ということがありますので。

やりたいこと&すべきことを、その都度見極めて
私なりのバランスを見つけられたなら
きっと、よりよい一年に・・・なるかな。

山茶花

2013年1月10日

8088.jpg

小雪舞う午後
庭の生け垣では
山茶花が一輪咲きました。

ヒヤシンス

2013年1月 9日

8085.jpg

「寒いなぁ~」とぶつぶつ呟きながら
朝のうちに庭仕事をしていると
ふと白く光るものが眼の端に入ってきます。

何?
ふと、そちらの方を見ると・・・

去年か一昨年に植えたヒヤシンスの球根が光り
そこから葉が勢いよく伸びてきています!

球根花用の鉢は咲き終わると
裏庭や木の下に置いておくのですが
こんなところにも置いていたっけ?

人間はこんなに無精でいい加減なのに
自然の力は何てたくましくていじらしいのでしょう。

新春

2013年1月 7日

7982.jpg

明けましておめでとうございます。
本日から2013年草花舎始動でございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、新春一回目のブログ写真は
何がいいかしらと迷ったところ
元旦に咲いた梅の花にしてみました。

如何ですか。
もちろん庭の梅はまだまだ固い蕾ですが
これは昨年12月20日のブログで紹介しました
京都府立植物園で購入し、現在玄関に飾っている
盆栽風アレンジの梅の花です。

大晦日まで一輪も開いていなかったのに
元旦朝に二輪、慎ましやかに咲いていたのです。

何だか、いい年になりそうな・・・予感!

ブログ

ブログ

ブログ


特定商取引法による表示




購読する

MM Y年12月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 日々のこと全リスト