2014年2月の日々のことリスト

2013.8.3. Haworth 3

2014年2月28日

2013E-039.jpg

駅から徐々に坂を上り
公園を突っ切ってメイン通りまで歩きます。

振り返って向こうに見えるのは住宅地ですね。
今日も見事な快晴。

でも、せっかくハワースに来たのなら・・・
重い雲が出てくる様な空模様の方がいいんですけどね。

2013.8.3. Haworth 2

2014年2月27日

2013E-046.jpg

中も、レトロ感満載!でした。

2013.8.3. Haworth

2014年2月27日

2013E-041.jpg

最終日の行き先に選んだ地は
ブロンテ姉妹の故郷、『嵐が丘』の舞台として有名な
" Haworth ハワース " です。

B&B から西へ車を走らせ約45分。
ハワース駅前のパーキングに駐車。

まずは、駅の中を覗いてみましょうか。

2013.8.3. B&Bの朝 3

2014年2月26日

2013E-1935.jpg

朝食後、この広大な景色の中にいると・・・
そう、走りたくなるよね!
娘に続いて Go!

2013.8.3. B&Bの朝 2

2014年2月26日

2013E-1910.jpg

朝食のテーブルマットは最高に私好み!

「これ、すごく好きな柄だわ。」
" ええ、ええ。ステキでしょ?もう何年前かしら、
それこそ、子供たちが小さい時に買ったのよ。
マークス&スペンサーで!"
「今もあるかしら?」
" ないでしょう。だってあなた、すごく昔よ。
今の感じじゃないでしょう?
でも、いいわよね。こういうの。"

本当に!

あぁ、手に入らないなら仕方がない。
記念に一枚パチリ。

2013.8.3. B&Bの朝

2014年2月25日

2013E-1908.jpg

とうとう最終日。
B&Bでの朝食は、母屋のダイニングルームで。

部屋からの眺め、家具、調度品、全てが素敵!
何もかも、朝陽に照らされピカピカに耀いている。

「ここは、新しいの?」
"No,No. とんでもない!
子供たち4人をここで育て上げたのよ。"

よく見ると・・・サイドテーブルの上には
美男美女の幼きころからの写真がズラリ。

こんな環境で生まれ育ったなんて
何て豊かな人生なんだろう。

2013.8.2. Harrogate 2

2014年2月24日

2013E-1844.jpg

運よくパーキングの空きが見つかり
夕食は、Bettys で決まり!でしょう。

アツアツのスープにオリジナルグラタンを戴きながら
今日一日を振り返り
気付けば、残すところあと一日・・・。

思う存分、楽しもうぜ!乾杯!

2013.8.2. Harrogate

2014年2月22日

2013E-1834.jpg

さて、陽もまだ高い午後7時まえ、
B&B から Harrogate へ夕食に出かけます。

車で15分ぐらいかな、街が見えてきましたよ。

2013E-1819.jpg

広大な庭と眺めを満喫した後は
いよいよ私たちの部屋へ。

シンプルな作りです。
JillのB&Bに比べ、かなり広く
スーツケース3つを同時に開けられるので
最終宿には最適です。

この部屋は母屋と別棟になっており
車は部屋の前に止め、鍵で自由に出入りします。
独立性が高いB&Bのようです。

2013E-1811.jpg

案内してくれたオーナーのおば様は
「見て!あの橋を。
私たちの橋なのよ。ふふ、
家族でそう言い合っているの。
すごくすごく古いのよ。
もちろん、今でも電車が走っているわ。
自慢の眺めなの。」

確かに・・・。
毎日この風景を眺められるなんて
幸せな人生だなぁ。

2013E-1805.jpg

裏手に回って見ると・・・

ジャジャーン!どうですか?
まさに、ヨークシャー丘の上に建つB&B。

ここからの眺めも素晴らしいんですよ。

2013E-1818.jpg

さて、今夜の宿となる Arthington Lodge B&B に
到着しましたよ。

それにしても・・・分かりづらいところだった。
ひっそりとした小道に入り、緩やかに丘を上っていき・・・
大きな電動門が開いて・・・
ようこそ!と笑顔で迎え出てくれた女主人さま。

今までの旅では、最後の宿は常宿 "JillのB&B" にしていたのだけど
今回は、ちょっと趣向を変えてみました。

ここは、ハロゲイトに近いので、夕食時に街へ出かけて楽しめるかなと。
あと、空港までの距離が断然近い!こと。
それと、お手頃な値段ってところで決めたのだけど・・・
想像以上に良さそう!

2013.8.2. Ikley

2014年2月19日

2013E-1787.jpg

Ilkley Moor を歩いた後は
花々で彩られた街を通り抜け
今晩の宿(B&B)がある Weeton へ向います。

2013.8.2. Ikley Cow Calf 10

2014年2月18日

2013E-1750.jpg

Ilkley の街並みと反対側に広がるのは
Ilkley Moor 。

あぁ、どこまででも歩いていきたいし
歩いて行ける気がする・・・そんな風景が大好き。

2013.8.2. Ikley Cow Calf 9

2014年2月17日

2013E-1739.jpg

大きな岩山から下りて
空を見上げると、雲がこの近さ!
今にも手に届きそうで、思わず
背伸びして、ジャンプして、バンザ~イ!

2013.8.2. Ikley Cow Calf 8

2014年2月14日

2013E-1763.jpg

そして、右方向に目を向けると・・・
遠くに見える建物が、パブの "Cow Calf" です。
随分歩いてきたでしょう?

2013.8.2. Ikley Cow Calf 7

2014年2月14日

2013E-1737.jpg

岩の上に登ったなら・・・
眼下に街並みが現れ
より一層高さを実感!

2013.8.2. Ikley Cow Calf 6

2014年2月13日

2013E-1733.jpg

さぁ、近づいてきましたよ。

Cow Calf (牛の母子) という愛称で
親しまれているこの岩山。
どうですか?そんな風に見えますか?

あっ!岩の頂上に登っている人がいますね。
よし、私たちもあそこまで行くぞ!

2013.8.2. Ikley Cow Calf 5

2014年2月13日

2013E-1722.jpg

Ikley Cow Calf に向って
9歳の娘が、歩いていきます。

2013.8.2. Ikley Cow Calf 4

2014年2月12日

2013E-1715.jpg

足元に広がるのはヘザーの花。
だって、夏の Moor ムーア だもの!

2013.8.2. Ikley Cow Calf 3

2014年2月12日

2013E-1719.jpg

Ilkley Moor を歩きながら眺めるのは、この景色。
今日は空気が澄んでいて遠くまでくっきり見渡せます。
ヨークシャーの風に吹かれて深呼吸・・・気分は最高!

2013.8.2. Ikley Cow Calf 2

2014年2月11日

2013E-1708.jpg

さぁ、到着!
一気に車で駆け上がって来ました。
右に見える看板は、岩と同じ名前のパブCow&Calf。
懐かしいな、よく飲みに来たものです。
でも、今日は違うぞ。
岩山まで歩いて行くのだよ。

2013.8.2. Ikley Cow Calf

2014年2月11日

2013E-1704.jpg

Ilkley 街 の南側から伸びる坂を
グングン上ってくると・・・見えてきた!
行きたいのは、あそこ!
通称 " Ikley Cow Calf "。

2013.8.2. Ikley

2014年2月10日

2013E-1697.jpg

というわけで、やってきました Ilkley 。
でも、目的は街 じゃないの。

2013.8.2. Bolton Abbey 6

2014年2月10日

2013E-1691.jpg

車窓から Bolton Abbey に、別れを告げて
思わず出る言葉は、
「せっかくのお天気だから、もっと風に吹かれて歩きたいね。」

ここからあまり遠くなく、今晩の宿となるB&Bからも離れすぎない
となると・・・Ilkley ?

2013.8.2. Bolton Abbey 5

2014年2月 8日

2013E-1687.jpg

のんびり木陰で昼食をとり、ぶらぶら川沿いを散策。
見上げるとそこには、どこまでも続く青空と足早に動く雲。

「ヨークシャーに帰ってきたなぁ~」と、しみじみ。

2013.8.2. Bolton Abbey 4

2014年2月 7日

2013E-1671.jpg

お隣さんは、こんな感じ。
皆さん、思い思いのスタイルでリラックス!
さて、私たちも、ランチにしましょう。

2013.8.2. Bolton Abbey 3

2014年2月 7日

2013E-1677.jpg

見つけましたよ、空いている木陰。

毎回、「芝生の上に車で乗り付けるなんて
いいのかしら?」 って思うけど
こちらでは、許されているんですよね。

2013.8.2. Bolton Abbey 2

2014年2月 6日

2013E-1674.jpg

お天気に恵まれた午後とあって
同じ考えを持った人たちの車がズラリ。

どこか、空いているところはあるかな?

2013.8.2. Bolton Abbey

2014年2月 6日

2013E-1666.jpg

本日のピクニックに選んだ場所は Bolton Abbey 。
滞英中はよく歩きに来ました。

小さく見える小屋がチケットを購入する入り口。

2013.8.2. Skipton

2014年2月 5日

2013E-1652.jpg

さぁ、ヨークシャーに入りましたよ。
まず、見えてきたのは、Skipton〈スキプトン〉の街。
晴天の下、マーケットが出て賑わっています。
寄っていく?
う~ん・・・でも、昨日ケズィックのマーケットを楽しんだから
今日は、お昼のピクニックへ直行しようよ。

2013E-1650.jpg

国道A65を通って、ヨークシャーを目指します。
この青空に、気分爽快!

2013.8.2. Kendal 3

2014年2月 4日

2013E-1648.jpg

Kendal の町自体は大きく、
ケンタッキーの看板が堂々とあったりと
あまり魅力的に感じないのですが、
山手に建つ住宅地は風情があって。

2013.8.2. Kendal 2

2014年2月 4日

2013E-1636.jpg

そういえば・・・帰国したら日本はお盆だな。

2013.8.2. Kendal

2014年2月 4日

2013E-1635.jpg

マークス&スペンサーを出て左側には
個人商店が並びます。

そこで見つけたお花屋さん。
洗練され過ぎていない感じが私好み。

2013E-1634.jpg

極めつけは、これでしょう。
出口近くにあった花。
2 for £5 ですって!

2013E-1632.jpg

レジ横にあった飴ちゃん。
パッケージがイイ!4色ともイイ!
どうしよう・・・欲しいな、このパッケージ描きたいな・・・と
思っているうちにレジの番が来て、
あれよあれよという間に清算終了。

あーっ!今でも思う。
買っとけば良かったぁって。

何で、こんなに決断力がないのだろう。

2013E-1623.jpg

こんな売り場も。
思わずウロウロしてしまいます。

2013E-1626.jpg

Kendal に到着し、町のパーキングに止めたところ
目の前が、ちょうど 『マークス&スペンサー』 でした。

こちらでは有名なお店で、
〈 ちょっと庶民的なデパート 〉 といったところでしょうか。

ちなみにマークス&スペンサーさんは
ヨークシャーのリーズ市場からお店を始められた方々。
リーズに住んでいたころ、
ミセス・ホップウッドが自慢げに教えてくれました。

まずは、中に入って
本日の(ピクニック)ランチ用にパン屋さんへ。
やはりここは、焼き立てのスコーンかな。

2013.8.2. Kendal へ

2014年2月 1日

2013E-1615.jpg

今日は、ヨークシャーへ戻る日です。
ウインダミアに別れを告げて、
国道A592 →A591 を南下し、Kendalへ向います。
Kendalは湖水地方で一番南に位置する大きな町。

2013.8.2. 一日の始まり

2014年2月 1日

2013E-1598.jpg

新しい一日の始まりです。
ホテルからウインダミア湖を眺めて目覚める朝。
今日の天気は曇りかな。

ブログ

ブログ

ブログ


特定商取引法による表示




購読する

MM Y年12月

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 日々のこと全リスト