2016年3月の日々のことリスト

2016-6315.jpg

昨日27日(日)をもって
レティシア書房における企画展
『英国 春の花 展』が無事終了致しました。

今回、芳名帳として使ったスケッチブックには
うれしいたくさんのメッセージが!
お忙しいところ、足を運んで下さった方々
誠にありがとうございました。

そして、素敵な場所を提供して下さった
レティシア書房店主ご夫妻に
心より感謝申し上げます。

お陰さまで
新たな出会い&刺激に恵まれました。
今宵は、幸せだった11日間に乾杯!

2016-6284.jpg

レティシア書房さんは夜20時までの営業。
住宅街で優しい明かりを灯す姿は
また昼間とは違った魅力を放っています。

※ 『英国 春の花 展』は、3月27日(日)まで
  (最終日は18時まで)

2016-6160.jpg

3月16日からレティシア書房にて開催中の
企画展 『英国 春の花 展』 が、7日目を迎えました。

DMを見てこられた方やレティシア書房ファンの方など
今まで知り合うことの出来なかった方々に、
作品を見てもらい、草花舎商品を購入していただけることは
とても有難く幸せなことです!

また、英国から帰国後の2000年より活動し始めた私を
ずっと気にかけて下さり
個展の案内を出すたびに来て下さる方々には
感謝の気持ちでいっぱいです。

今回はポストカード一枚ものもご用意しています。
レジ横に並べてあり
皆さん1、2枚とお好きなものを買っていかれる様子。

3月27日(日)までの開催です。
どうぞお気軽にお越しくださいませ。

2016-6181.jpg

そして何と!偶然にも
お客さん(男性)が草花舎商品を買って下さっているところに遭遇!
店主さん曰く
「昨日からちょこちょこ出てるよ。」
とてもとてもうれしく、有難いことです。
昨日今日と足を運んで下さった方々、本当にありがとうございます。
3月27日(日)まで開催中です。
ぜひ春の花の水彩画展を覗いてみて下さい。

2016-6178.jpg

お祝いのお花を戴いたので!ポスターと一緒に撮りました。
春の陽気に誘われて・・・たくさんの方が来てくれるといいな。

2016-6159.jpg

さらに奥に進むと・・・5作品&写真(右端・棚の上)を展示しています。
全部で水彩画11作品と写真1額です。
ちょっと作品数が多くてごちゃごちゃするかなとも心配したのですが
レティシア書房奥様に、よきアドバイスを頂戴し
また、絶妙な間隔で展示して頂いたお陰で
すごくいい雰囲気の優しい空間になりました。

もうあとは、一人でも多くの方に見て頂きたい!
ぜひ、お近くの方はお立ち寄り下さいませ。

2016-6158.jpg

入り口を入って左側に注目!
一枚目は「オレンジ・ブーケ」。その横に挨拶文。ぜひお読みください。
続いて・・・春の花が続々と続きます。
落ち着いた店内で、ゆっくり鑑賞して頂けるとうれしいです。
書籍&草花舎商品は、作品下の棚にディスプレイ。
こちらもぜひ手に取ってご覧くださいませ。

2016-6177.jpg

本日3月16日(水)12時~『英国 春の花 展』開催です!

今朝9時から
レティシア書房ご店主夫妻と友人Yさんに手伝ってもらい
搬入・展示をしてきました。

中の様子はというと・・・

2016-6152.jpg

京都高島屋『みなとのてんらんかい』(3月15日まで7階催会場に出店中)
で購入したオリジナルバッグ(手前)です。(奥は以前のもの)
お洋服同様、こちらも素敵でしょう?
出かける時に気分が少し華やぎますよね。

2016-6132.jpg

今日も『みなとのてんらんかい』(京都高島屋7階催会場)を紹介します。
テーブルにはピーターラビットグッズが満載。
ディスプレイのカーデガンにも注目してください。
ビビットでありながら程良く抑えた色合いがいいですよね。
リバティ柄のブラウスにも無地の服にも相性抜群です!

2016-6128.jpg

じゃじゃーん!この写真はどこでしょう?
そう、タイトル通り京都高島屋です。

7階催会場に出店中の『みなとのてんらんかい』様です。
英国テイスト満載!リバティやモリスの生地で作られるお洋服は
全て丁寧な日本製でハイクオリティー。
でもお値段は頑張って抑えて下さっています。

そしてそして!写真テーブルに並ぶのは・・・
草花舎商品です。
見た時、感激しました。
こんなに目立つ場所で紹介していただいて!
本当に有難いことです。

何と!初日には書籍『英国ヨークシャー 想い出の地を旅して』を
買って下さったお客様がいらっしゃったとか。
ステーショナリーも動きがあるようで、嬉しい限りです。

お店はとても賑わっていました。
試着スペースの前に並ばれている方や
2着3着と購入されているお客様も!

私が『みなとのてんらんかい』様を知ったのは
ここ京都高島屋に出店中の時でした。
7階レストラン街へ行く途中
店頭にディスプレイしていた洋服一式に目が釘付け!
で、そっくりそのまま
《リバティスカート+仕立ての凝ったブラウス+カーディガン》を
買ったのです。(もちろん今も愛用中。)
「英国雑貨も並ぶこのような素敵なお店に
草花舎商品を置いてもらえたら・・・どんなに素晴らしいだろう!」と思い
翌日、売り込みに伺ったという次第です。

幸いにも弊社商品を気に入って頂き
現在に至るまでありがたいお付き合いをさせていただいています!

今年の期間は3月15日(火)まで。
エスカレーターを上ったところ、西川寝具フェアの向いです。
ぜひぜひ、お近くの方は一度お出かけしてみては?
大切に着たくなるお気に入りの一着に出会えるかもしれません。

WAZA GUギャラリー

2016年3月10日

2016-6124.jpg

新聞で「ポストカード展」の案内を見つけ
WAZA GUギャラリー(高倉三条下ル)へ行ってきました。

随分と前になりますが
一度、ここで『草花舎展』を催したことがあります。

さて、今回の展覧会は
『中谷守一 写真・ポストカード展』です。
世界各国を旅されているようで
たくさんの写真とポストカードに圧倒されました。

その地の雰囲気が漂うようで、且つ美しい写真でした。

帰りに買ってきたのはオリジナル小写真集です。
こちらは、京都編。
「ザ・京都」という感じではなく、ちょっと洒落た感じ。
そして驚くことに、製本は手作り!だとか。
手元に置いておきたい温かな一冊です。

クリスマス・ローズ

2016年3月 8日

2016-6122.jpg

庭のクリスマス・ローズが咲き始めました。

十七文字屋

2016年3月 4日

2016-6093.jpg

友人が発行しているフリーペーパー『十七文字屋』。
彼女の俳句への愛がたっぷり詰まっています。

以下、全て種田果歩

春の塵青空市の大皿に
柑橘の香のチョコを食(は)み二月尽
小銭入ぽってりふとる弥生かな
花曇りはにかむ癖が直らない

俳句以外の記事もありエッセイも素敵な文章です。
京都では只本屋にあるそうです。
興味のある方はぜひ。

ぶんぐフェスタ

2016年3月 2日

2016-6090.jpg

今日の写真は、「ぶんぐフェスタ」で戴いたパンフレットの中から。

一番奥のパンフ「水彩画を描く人に新たなご提案」は
株式会社LIHIT LAB. より。
元々ファイルの会社ですが、社長様が絵を描かれるそうで
自分が描いた絵をまとめるのに
最適なスケッチブックを考えられての商品だそうです。
納得の一冊でした!

株式会社ライオン事務器からは、ポケットホルダー。
整理上手になれそうな一品。

そして、最も衝撃的だったのが『ハリマウス』。
会社名もそのまま「ハリマウス」。
2014年デビューの文具だそうですが、今回初めて知りました。
つまりはセロハンテープが、あの重い台なしで
片手で手軽にに使えるというもの。
荷づくりする時、間違いなく便利です。
社長さんが開発した商品で、奥様と二人で
直々に説明されていました。

今年も、「ぶんぐフェスタ」から
たくさんの刺激と情報を得ました。
自分に合ったもの、すごく欲しいものを
よくよく考えて、デスク周りを強化していく予定です。

ぶんぐフェスタ

2016年3月 1日

2016-6088.jpg

ぶんぐフェスタでは、持参したサンプル券で商品見本を戴けます。

写真中央上の消しゴムは優れモノ!
消しゴムのケース(紙製)に点線(二本)が入っており
消しゴムが短くなるにつれ、点線で切り取ると
その都度ケースが、小さくなった消しゴムのジャストサイズになります。
そして何と!ケースには滑り止めまで付いているのです。
消しゴム一つにこれだけの愛を詰め込んでいることに、感激しました。

写真右下のクリップは花柄で、テンション上るアイテム。
その左は「キレイにはがせるシール」。
手帳に使いたい一品。
左端のマスキングテープは白鳥柄!
トキメク色とデザインで
まさにキャッチフレーズ通り「すぐそばにあるしあわせ」を感じます。

ブログ

ブログ

ブログ


特定商取引法による表示




購読する

MM Y年12月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 日々のこと全リスト