2016年11月の日々のことリスト

2016E-7973.jpg

そしてホテルの全体像はこんな感じ。
とっても、いい!

2016E-7962.jpg

な~んてことは、なかったのだ!
どうだ、この景色。この眺め。広々とした視界。
とってもピーク・ディストリクトなのだ!

2016E-7958.jpg

クラシカルな建物は好きなんだけど
道路沿いにあり、入口前の道はアスファルト・・・。
ガーン!もしかして、都会的な雰囲気?

2016E-7955.jpg

B6001 → B6521 Grindle ford

勢いよくB6521を走っていると、看板が現れた!
今晩から3泊するホテル『Maynard Hotel』です。

2016E-7948.jpg

Llandudno → A470 → A55 → A5117 → M56 → M67 → A57
→ A6130 → A625 → B6001

ウエールズからピーク・ディストリクトへ向います。
思ったより・・・遠い。
おまけに途中で道を間違えた!
けど、何とか無事に目的地に着きそう。
ほらっ、景色が変わってきた。
もうすぐかな?

2016年8月4日 Llandudno 8

2016年11月25日

2016E-7935.jpg

強風の下、暗い雲がやってきた。
そろそろ車へ戻るとしますか。

バイバイ、スランドゥドゥ。

2016年8月4日 Llandudno 7

2016年11月25日

2016E-7933.jpg

Llandudno bay(スランドゥドゥ・ベイ)
2km以上も続くこのビーチは
ウエールズ地方でも随一の海水浴場で
その美しさは「海浜保養地の女王」と
呼ばれるほどだとか。

ルイス・キャロル著『不思議の国のアリス』の
モデルだったアリス・リデルの家族も
スランドゥドゥで休暇を過ごしたらしい。

私たちが浜辺に出た辺りは、
カラフルなホテルが建ち並ぶ賑やかな場所から
かなり離れてきたので落ち着いた雰囲気。
これくらいが好き。

2016年8月4日 Llandudno 6

2016年11月24日

2016E-7924.jpg

振り返ると、この景色。
道路沿いの駐車スペースから、この道を歩いてきた。

2016年8月4日 Llandudno 5

2016年11月24日

2016E-7932.jpg

見よ。この大空、青空、白い雲!

2016年8月4日 Llandudno 4

2016年11月22日

2016E-7921.jpg

もちろん、浜辺に出てみた!

2016年8月4日 Llandudno 3

2016年11月22日

2016E-7918.jpg

すると・・・景色は、海岸沿いのリゾートホテル街から
お家が並ぶ浜辺になり・・・

2016年8月4日 Llandudno 2

2016年11月21日

2016E-7946.jpg

せっかく来たのだから、もう少し先まで走ってみよう!

2016年8月4日 Llandudno

2016年11月21日

2016E-7945.jpg

やって来ましたよ、Llandudno。
やはり予感的中。アイリッシュ海から見えた街並みは
「今までのウエールズ」とは全く違ったもの。
いわゆるリゾート地ですね。
海に面してホテルが建ち並びます。

2016年8月4日 Conwy 2

2016年11月21日

2016E-7910.jpg

車窓から眺めるConwy城。
昨日行ったBeaumaris城と、構造は似ていますね。
ただ、迫力はこちらの方がすごいです。
さすが世界遺産。

う~ん・・・お城見学も捨て難いが
ここは雰囲気の違うLlandudnoを優先しよう。

2016年8月4日 Conwy

2016年11月21日

2016E-7909.jpg

A55 → A546 (Conwy 経由)

Llandudno へ向う道中で通るのはConwyという名の街。
正面に見えるのがConwy城。
13世紀に築かれた城壁が街を囲み、中世の趣きが色濃く残る。

2016年8月4日 Irish Sea

2016年11月18日

2016E-7907.jpg

National Slate Museum → A4086 → B4547 → B4366 → A55

スレートミュージアムを後にして、北上していきます。
見えてきたのは、真っ青な耀くばかりのアイリッシュ海!と
『不思議の国のアリス』ゆかりの地、スランドゥドゥノLlandudno。

「寄ってみた~い!」と思わず叫ぶ。
今まで見てきたウエールズとは、また違う雰囲気が漂っているじゃない!

今日の宿はピーク・ディストリクトなので、あまりゆっくりはしてられないけど・・・
ちょっとくらい大丈夫でしょう。

2016E-7858.jpg

一歩中へ足を踏み入れると、そこは別世界。
パネルの説明に沿って、Slateの歴史から作業工程までを見学できます。

National Slate Museum
電話:0300 111 2 33
HP:museum wales/slate/
料金:Free
開館時間:Easter-Ocotober:10:00am-5:00pm daily
November-Easter:10:00am-4:00pm Sunday-Friday

2016E-7845.jpg

クラフトショップやSL出発駅の向いにあるのは
National Slate Museum。
ちょっと寄っていきましょう。

2016E-7841.jpg

両足で体重をかけた後
6週間ほど置いておくと、ヘザー押し花の出来上がりだそうです。

それから、絶妙の色合いとバランスで
素敵なキーホルダーを作っていくわけですね。

やはり、手間暇のかかったものは値打ちがあります。

2016E-7840.jpg

終わりのページまでいくと、紐でしっかりと縛り付け・・・

2016E-7833.jpg

しっかりと手で押さえます。
次のページも、同じように繰り返し・・・

2016E-7832.jpg

ページを捲り・・・

2016E-7830.jpg

そして何と!
ショップ内では、まさにヘザーのキーホルダーを作っているところでした。
まず、分厚い本に摘んできたヘザーの花を載せていきます。

2016E-0218.jpg

それは・・・これ!
ヘザーの押し花で作られたキーホルダーです。

2016E-7839.jpg

近づいてみると・・・こんな感じ。
小さなまな板や鍋敷には、一品ものの模様が施されて。
どれも温かな作品です。
でもでも、もっと心ときめくものがあったのです!

2016E-7835.jpg

おぉ・・・・・!いい雰囲気だ。
味わい深い手製の品が並びます。

2016E-7842.jpg

さて、始発駅へ戻って来ると・・・『Craft Work Shop』の看板を発見。
もちろん!中へ入ってみましょう。

2016E-7876.jpg

帰りも、SLは光射すPatan湖沿いを、汽笛を鳴らしながら走ります。

2016E-7902.jpg

終着駅でアイスクリームを頬張りながら寛いでいると
後発のSLが走って来ましたよ。
絵になるなぁ~。

2016E-7891.jpg

さぁ、外に出てPatan 湖を目の前に深呼吸!

2016E-7877.jpg

終着駅に着きました。

2016E-7903.jpg

湖のすぐ傍を走っていきます。

2016E-7868.jpg

うわぁ~、patan 湖が見えてきた!
そして、青空。

今まで、暗い空模様が多く
もちろん、それはすごく好きな景色なんだけど
久々に見る青空は、新鮮!

2016E-7865.jpg

SLに乗って、さぁ、出発!
いいなぁ~、この長閑な感じ。
登山列車は残念だったけど、平地の旅もいいもんだ。

2016E-7826.jpg

おっ!ちょうどSLが帰ってきましたよ。

2016E-7825.jpg

すっかり晴天になり、目の前に見えてきたのは駅のようですね。
山の中腹に見える黒い部分はスレートでしょうか。
駅の案内と共にスレート博物館の表示もありました。
後で寄ってみましょうか。

まずは、Llyn patan lake railway の案内を。
HP : bala-lake-railway.co.uk/
住所:Bala lake Railway Ltd.
The Station Llanuwchllyn Gwynedd LL23 7DD
電話:01678 540666
Email:enquiries@bala-lake-railway.co.uk

2016年8月4日 Lanberis

2016年11月 9日

2016E-7820.jpg

A4086 → Llanberis

Llanberis へ到着。
ここは、スノードン山の麓にある小さな村で
スノードン登山鉄道の入口です。

17年前は快晴に恵まれ、山頂からの眺めを満喫しましたが・・・
今日は怪しいお天気。

駐車場に止めると、係のおじさんが
「一度運行があるか確かめておいで。お金はそれからでいいから」
と言ってくれたので、走って切符売場へ向う。
すると・・・
「強風のため、たった今運行が停止になった」とのこと。

残念。
慌てて駐車場に戻っておじさんに伝えると
「それなら、ちょっと先にある湖の周りを走る鉄道コースを愉しんだら?」
と提案してくれました。

それ、良さそう!
行ってみよう。

2016E-7801.jpg

再び、英国ウエールズの世界へようこそ。

前回は、絶景ビューポイントから Gwynant 湖を眺めました。
次はLanberisへ向います。

Llyn Gwynant → A498 → A4086

どうですか、この道路!
007映画『慰めの報酬』の冒頭シーンが思い浮かぶのは
私だけでしょうか?

錦華殿・展示会 6

2016年11月 6日

2016-0216.jpg

お陰さまで
『花の水彩画家 西山裕子展 ~イギリスと京都の花々~』が
無事終了致しました。

女坂を上って来場下さった皆様
本当にありがとうございました。

「作品を見て心が浄化されました」と声をかけて頂いた時は
うれしくて思わず泣きそうに。

「出産を控えている友人(や娘)へプレゼントするわ」と
何人かの方が、書籍『Birth』を購入して下さり
幸せな気持ちでいっぱいに。

「今までヨークシャーなんて考えたことなかったけど
この本で目覚めたわ」と
書籍『英国ヨークシャー想い出の地を旅して』を
買って下さった方々には
ぜひ、ヨークシャーの地を踏んでいただきたいな。

京女同窓会&錦華殿&この3日間に乾杯!

明日からは、再び英国の旅にお付き合いください。

錦華殿・展示会 5

2016年11月 3日

2016-0196.jpg

お陰さまで、多くの方に来ていただいています。
皆さま、じっくり丁寧に作品を見て下さり
また草花舎商品を気に入って下さり
本当に有難く存じます。

そして、何より
今回、展示会開催のお声をかけて下さり
この様な恵まれた機会を与えて下さった京女同窓会様に
感謝の気持ちでいっぱいです。

新たなうれしい出会いがたくさんありました。

明日の15時まで開催中です。
秋の東山へお越しの方は、ぜひ女坂を上って
錦華殿にお立ち寄り下さいませ。

錦華殿・展示会 4

2016年11月 3日

2016-0181.jpg

草花舎商品も置かせて頂いています。
今回ポストカードはセットものだけではなく、一枚ものも販売し
ご好評頂いています。

錦華殿・展示会 3

2016年11月 3日

2016-0161.jpg

「豪華な貴賓室に淡い水彩画で大丈夫かしら?」と、心配もしましたが
来場者の方々には「雰囲気が合っているわよ」と言って頂き
とても嬉しくホッとしています。

錦華殿・展示会 2

2016年11月 3日

2016-0160.jpg

広い貴賓室に、全部で20作品飾らせて頂きました。

錦華殿・展示会

2016年11月 3日

2016-0175.jpg

昨日より、京都女子大学建学記念館・錦華殿貴賓室で開催中の
『花の水彩画家 西山裕子 展~イギリスと京都の花々~』。
このような感じに仕上がりました。

ブログ

ブログ

ブログ


特定商取引法による表示




購読する

MM Y年12月

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 日々のこと全リスト