2018年8月の日々のことリスト

2018E-2650.jpg

Old Harbour のムードを満喫したランチを終え
海風に吹かれながら、再び海岸沿いの遊歩道をのんびり歩いて
駐車場へ戻ります。

「さて、次に向かうのは・・・」と車中で地図を広げて、ふと思った。
「え?!ちょっと待って。ここ、トーキーよね。
私たちアガサ・クリスティーのゆかりに触れた?」

確かに、Torre Abbey の庭で
アガサ・クリスティーが作中に使った毒のある植物を見た。
遊歩道からは、彼女が新婚旅行に泊まったグランド・ホテルを眺めた。
だけど、それだけ?
ちょっと物足りなくない?

何だか・・・このままだと私にとってのトーキーは
暑い日差しの下、海を見ながら歩いたなぁ~ってのが大きいぞ。
いやいや、それじゃダメ!

ってことで、車で果敢にも(?)トーキーの街中にある Museum へ。
いやぁ~、トーキーの街中は混み合い、道が細い上
案内表示が異常に小さいのですが、
迷いながらも・・・何とか辿り着きました。

きっと、アガサ・クリスティーゆかりのものがあるはず!

2018年8月6日 Torquay 6

2018年8月30日

2018E-2629.jpg

潮の香りに包まれながら
パラソルの下でカニサンドイッチを頬張り
目の前にひろがるのは、この光景。

2018年8月6日 Torquay 5

2018年8月30日

2018E-2632.jpg

炎天下の元、歩きながら空腹に襲われる。
お店はどこもすごい賑わいなので、途方に暮れていたところ
カニや貝を売る屋台を発見。
迷わず購入し、ハーバーに面した席を確保。

2018年8月6日 Torquay 4

2018年8月30日

2018E-2627.jpg

海岸沿いの遊歩道を歩いていくと
ビーチを過ぎ、ヨットハーバーが見えてきました。

2018年8月6日 Torquay 3

2018年8月29日

2018E-2623.jpg

おぉ、あちらに見える白亜のホテルが
アガサ・クリスティーが最初の夫クリスティーと
新婚旅行に滞在したグランドホテルです。
道一つ隔ててビーチなんですね。

二人が三日間過ごした部屋は
今ではアガサ・クリスティー・スイートと名付けられているとか。

2018年8月6日 Torquay 2

2018年8月29日

2018E-2621.jpg

だって、この賑わいだもの!
そう言えば・・・かつてイギリスで海水浴風景って見たかしら?

湖水地方では、湖畔の木の下で
水着姿の家族連れがいたなぁ~とか
ウエールズの海辺は寒かったので、
コート姿のカップルが歩いていたなぁ~とか
ヨークシャーの港町は、海水浴禁止だったなぁ~
などなど思い出すに・・・やはりこれはイギリス初の光景。

今まで馴染んできたイギリスとは思えないほど、明るくて開放的!

2018年8月6日 Torquay

2018年8月29日

2018E-2620.jpg

Torre Abbey の庭を満喫した後、海辺の方へ向かいます。
明るいリゾートタウンへやって来た!という感じ。

2018E-2601.jpg

最後にもう一度、ダリアの花壇を通って
ガーデン散策を終えることにします。

この咲き乱れるダリア・・・
ヨークシャーや湖水地方、ウエールズにピークディストリクトでは
あまり見かけなかったように思います。

イギリスもトーキーまで南下すると
陽射しの強さはもちろんのこと、花の種類や色合いまで違いますね。

2018E-2598.jpg

林檎の木がありました。
ミセス・ホップウッドと作ったアップル・パイを思い出します。

2018E-2599.jpg

こちらは違うパート。
噴水に向かって歩くのがいいですね。

2018E-2591.jpg

ラベンダーとダリアの競演。

2018E-2592.jpg

夏の陽射しをたっぷり浴びて。

2018E-2588.jpg

色とりどりのダリアが咲いています。

2018E-2595.jpg

温室から外に出てきました。
広大ですね。散策を続けましょう。

2018E-2607.jpg

こちらは、セントポーリア。
大切に育てられている様子が、伝わってきます。

2018E-2605.jpg

こちらでは、小さな鉢植えが並び
フクシア(写真手前)が咲いています。

2018E-2603.jpg

広々とした温室ですね。

2018E-2584.jpg

アガサクリスティー・コーナーの横には
立派な温室がデン!と建っています。

2018E-2612.jpg

こんな看板も!

2018E-2609.jpg

アガサクリスティーが、小説に登場させた植物の解説。
そう、庭のこの一角は
彼女の小説に使われた毒のある植物を集めているのです!

2018E-2583.jpg

ぐるりと歩いて、Abbey の裏側が見える庭へ来ました。
手前庭の中央(写真のちょうど真ん中)に看板があります。
これは・・・


2018E-2580.jpg

歩いていくと、ガーデナーのおじさんが作業中。
やはり庭を美しく保つには、手入れが必須なのだ。
私たちを見つけ、「よぉ!今日は暑いね」と
極上の笑顔を向けてくれる。

2018E-2579.jpg

おぉ・・・イギリスガーデンですね。
このワイルドな感じ、うねった小道、ラベンダーの香り。
ようやく「イギリスに来た~!」という実感が湧いてきました。

2018E-2570.jpg

内部は、こんな感じ。
外観より Abbey 感はあります。
ただ、上階部分はもっとモダンでトーキーの街に関する資料が
わんさか展示されています。博物館ですね。
鑑賞後は、ガーデンへ。

2018E-2587.jpg

まずは、トーキーの街の中心部に駐車し
トア・アビイ Torre Abbey へ向かって歩きます。

パターゴルフコースやテニス場がいくつもある
スポーツ施設らしきところを通り向けると、見えてきました。

ヨークシャー地方で多くの Abbey を巡った "Abbeyオタク" としては
ちょっと「?」な感じも。
写真右上の四角い建物がAbbey内部を見学できる部分だそうですが
ちょっとこれ、普通の建物では?
その横の朽ち果てた壁は、Abbeyの名残を感じられるのですが・・・。

とにもかくにも、内部に入ってみましょう。

イギリス旅行 2018夏

2018年8月23日

2018E-2567.jpg

2018年・夏
イギリス南西部コーンウォール地方とデボン州を旅してきました。

8月5日、 関西空港からアムステルダム空を経由しBristol 空港へ。
8月6日、 Bristol空港ホテルをチェックアウトし
アガサクリスティーが子供時代を過ごした地:トーキーTorquay へ。

Bristol(Hampton by Hilton Hotel Bristol Airport) → A38 → M5(高速)
→ A38 → A380 → A3022 → Torquay

高速道路を使い一時間半ほどで、トーキーへ到着。
車窓から眺める景色は・・・
今まで巡って来たイギリスとは全く異なる光景。
明るいリゾートタウン!という感じで、燦燦と陽が降り注ぐ。

さて、今回はどんな旅になるかしら。
半年以上も休んでしまった(すみません!)ブログの再開です。
もしまだ、このページを開いて下さる方がいらっしゃれば・・・
最後までお付き合い頂けると、幸いです。

ブログ

ブログ

ブログ


特定商取引法による表示




購読する

MM Y年12月

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 日々のこと全リスト