カテゴリ「英国・ヨークシャー」の日々のことリスト

2016E-9577.jpg

とうとう、雲の上。今回の旅が終わる。
最後にヨークシャーを巡ったので
今は、頭の中がヨークシャー一色だけど

思い返せば・・・
ウエールズ地方で、岩山のある景色やSL、輝く湖を満喫し
ピーク・ディストリクトでは、突風吹く中、尾根を歩いた。

目を閉じると・・・
アイリッシュ海のさざ波が、聞こえ
ヒースの花咲く丘が、蘇る。
そして
私たちを、とても親切に迎え入れてくれた
スミス夫妻の顔が思い浮かぶ。

やっぱり、スミス家訪問(&ミルク工場見学&美しい白馬)が
旅のハイライトかな。

スミス夫妻と、こんな素敵な時を過ごせたのは
滞英中に、ホップウッドさんがスミスさんを紹介してくれたお陰。
人との出会いや結びつきって、奇跡だ。


体調が思わしくないミセス・ホップウッドとの再会は
つらいものだったけど
彼女に会えて、話が出来て、手を握り合い、
共有の想い出に涙したことは
かけがえのない時間。

この旅で見たもの、感じたこと、体験したこと、全て
身体に巻き付けて、日本へ帰ろう。

これらからも、英国に想いを寄せながら
再び、英国に旅することを愉しみに・・・

2016年8月10日 機上にて

2017年11月16日

2016E-9573.jpg

ヨークシャーが遠ざかっていく・・・
ありがとう、愛しのヨークシャー!

2016E-9568.jpg

ガソリンを満タンにして後
約15分でリーズ・ブラッドフォード空港へ到着。

飛行機の座席へ座り、離陸の時を待つ・・・。

2016年8月10日 空港へ

2017年11月13日

2016E-9566.jpg

とうとう来てしまった、この日が。この朝が。
そう、日本へ帰国する日。

宿では、早めの朝食を用意してくれたので
イングリッシュ・ブレックファーストをしっかり味わい
B&Bを仕切るマダムに、お礼を言ってハグして・・・

ただ今、宿近くのガソリンスタンド。
(レンタカーは、ガソリン満タンの状態で空港へ返すので)

あぁ、この英語表記の看板、しばらく見れないなぁ。
澄み切った朝の広い空も、しばらくのお別れね。

2016E-9546.jpg

ヨークシャーの景色に別れを告げ、宿へ帰ります。

バイバイ、大好きなヨークシャー。
また訪れる日まで。

2016E-9561.jpg

360度見渡せる!
好きなんだなぁ、この景色。
好きなんだなぁ、ヨークシャー・・・。

2016E-9556.jpg

おぉ・・・遠くに小さく小さく石造りの鉄道橋が見えます!
泊まっている宿の庭から見えるのと同じ橋です。

2016E-9549.jpg

来たー!頂上に到着です。
おぉ・・・絶景。
もう少し先まで行ってみよう。

2016E-9540.jpg

ようやく岩山の麓あたりまで上ってきました。
歩きながら全身に感じるヨークシャーの風が気持ちいい!

2016E-9527.jpg

岩山までは、まだまだ道半ば。
日が暮れる前に、登りきらなければ。

2016年8月9日 Almscliff Crag

2017年10月19日

2016E-9523.jpg

A1 → A659 → A61 → (North Rigton) → A658 → Almscliff Crag

最終日の最後に、どうしても立ち寄りたかったのが
ここ Almscliff Crag です。
考えてみれば、今朝一番に
Briham Rocks でさんざん岩に登っているのですが。

昨晩に続き今晩も泊まる宿 Arthington Lodge のすぐ近くで
宿に着いた際、眺めていました。


滞英中に、一度ホップウッド夫妻に連れてきてもらいました。
夫妻は高齢の為、無理でしたが、私は頂上まで登り
全身でヨークシャーの風を感じ、両手を広げ興奮したものです。

その姿を下から見ていたミスター・ホップウッドが
「おぉ、ヒロコが鳥になってるよ!」と
写真を撮ってくれたのも、いい思い出。

2013年、Arthington Lodge に泊まった際も
「もう一度登りたいなぁ」と思いつつ、無理でしたので
「今回こそは!」と意気込んで丘を登り始めました。
う~ん、結構キツイ・・・。

2016年8月9日 York 12

2017年10月17日

2016E-9518.jpg

York → A64 → A1

York を後にして、高速道路 A1 へ合流します。
あまり使いたくない道ですが
あと一つ、どうしても行きたい場所があるので。

2016年8月9日 York 11

2017年10月16日

2016E-9483.jpg

内部は、美しいステンドグラスが圧巻!

2016年8月9日 York 11

2017年10月14日

2016E-9480.jpg

せっかくヨークに来たのだからと
B&Bへ帰る前に「ヨーク・ミンスター」へ。

う~ん、さすがの迫力。
イギリス最大!のゴシック建築です。


カンタベリー大聖堂に続いて
2番目に格式があり
イングランド北部を代表する大聖堂。

2016年8月9日 York 10

2017年10月13日

2016E-9475.jpg

さてさて、中の感じはというと・・・
ハロゲイト店と似ていますが、ヨーク店の方が木の色が明るめですね。

お食事をするスペースでは、撮影を控えましたが
ムードは一言でいうと「アジア系観光客が多い」です。
はい、私たちも思いっきりアジア系観光客なのですが・・・。

皆さん一様に、声が大きく、デカいリュックが床(通路)に置かれ
盛んに写真を撮り、賑やかです。

やはり、ヨークは一大観光地ですし
電車の便がいいという点から、どこも混雑していますし
ハロゲイト店とは、自ずと店内の様子も変わってくるようです。

メニューの内容は、ハロゲイト店と同じで味も一緒。
美味しかったです。
スイス風オムレツやグラタンなどの食事メニューを戴きました。

ヨークに立ち寄ったおかげで
カフェ・ベティ―ズの6店舗(すべてヨークシャーにあり)のうち
3店舗(ハロゲイト店・ストーンゲイト ヨーク店・ヨーク店)に
行ったことになりました(滞英中を含めて)。

う~ん、こうなると
残りの3店舗にも行ってみたくなります。
次回の旅の愉しみの一つは、これかな。

2016年8月9日 York 9

2017年10月12日

2016E-9474.jpg

ショップウインドウのディスプレイ内容は
「ハロゲイト店」と同じでした。
今夏のテーマは " マリン " ですね。

「ストーンゲイト・ヨーク店」も、スペースはかなり狭いですが
やはり、同じ感じで飾られていました。

2016年8月9日 York 8

2017年10月11日

2016E-9467.jpg

Harrogate ハロゲイト店とは、また違った雰囲気。
もう、この「Bettys」というロゴを見るだけで興奮しますから!

2016年8月9日 York 7

2017年10月11日

2016E-9505.jpg

さてさて、見つけましたよ「ベティ―ズ・ヨーク店」。
広い通りに面しており、建物自体も大きいです。

Bettys York
6-8 St. Helen's Square, York YO1 8QP
Tel. 0190 465 9142

2016年8月9日 York 6

2017年10月 6日

2016E-9502.jpg

人だかりのできている
ショップウインドウを覗くと
そこは、クリスマスムード一色!
8月だけど・・・。

でも、「え~ 今頃?」と思うよりは
何だかワクワクした気分になってくるから
不思議。


そう言えば、滞英中の9月
ミセス・ホップウッドと
シティーセンターへ出かけた時
街ではクリスマスのイルミネーションが
始まっていて、驚いた記憶が。

その時、たまたまショップで見つけた
美しいアドレス帳に一目ぼれして
眺めていると、ホップウッドさんが
「気に入ったの? じゃぁ、
これがヒロコのクリスマスプレゼントね」と
買ってくれた。

「クリスマス・ディナーで渡すわね。
それまでのお愉しみよ」とのことで
イギリス人の
《 夏のバカンスが終わったら
頭の中はクリスマス 》って
ホントなんだなと実感した。

英国を旅していると
滞英中のふとした出来事が、思い出される。
もう今は、当時のように
ホップウッド夫妻と一緒に歩くことは
出来ないけど・・・
想い出は永遠だなぁと思う。

2016年8月9日 York 5

2017年10月 5日

2016E-9514.jpg

見てください!写真中央の建物。
かなりの歪み具合ですねぇ。
大丈夫なのでしょうか・・・。

ブログ

ブログ

ブログ


特定商取引法による表示




購読する

MM Y年12月

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 日々のこと全リスト